○大郷町乳幼児健康診査実施要綱

平成20年2月21日

告示第12号

(目的)

第1条 この要綱は、母子保健法(昭和40年法律第141号)第10条、第12条及び第13条の規定に基づき乳幼児健康診査(以下「健康診査」という。)を実施することにより、乳幼児の健康保持・増進及び異常の早期発見・早期治療、育児支援を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 実施主体は、大郷町とする。

(実施内容)

第3条 健康診査の内容は次のとおりとする。

(1) 乳児健康診査

 一般健康診査の項目は、次の各号に掲げる項目について行うものとする。

(ア) 身体発育状況

(イ) 栄養状態

(ウ) 脊柱及び胸郭の疾病及び異常の有無

(エ) 皮膚の疾病の有無

(オ) 口腔の疾病及び異常の有無

(カ) 4肢運動障害の有無

(キ) 精神発達の状況

(ク) 予防接種の実施状況

(ケ) 育児上問題となる事項

(コ) その他の疾病及び異常の有無

 精密健康診査は、一般健康診査の結果、心身の発達異常、疾病等の疑いがあり、より精密に健康診査を行う必要があると認められるものに対して、必要な検査を行うものとする。

(2) 1歳6か月児健康診査

 一般健康診査の項目は、母子保健法施行規則(昭和40年厚生省令第55号。以下「規則」という。)第2条第1項による。

 精密健康診査は、一般健康診査の結果、心身の発達異常、疾病等の疑いがあり、より精密に健康診査を行う必要があると認められるものに対して、必要な検査を行うものとする。

(3) 2歳児健康診査

一般健康診査の項目は、1歳6か月児健康診査に準ずる。

(4) 3歳児健康診査

 一般健康診査の項目は、規則第2条第2項による。

 精密健康診査は、一般健康診査の結果、心身の発達異常、疾病等の疑いがあり、より精密に健康診査を行う必要があると認められるものに対して、必要な検査を行うものとする。

(対象者)

第4条 対象者は、町内に住所を有する乳幼児で、次に掲げるものとする。ただし、やむを得ない事情により対象月齢で受診できなかった場合には、次回の対象とするものとする。

(1) 乳児健康診査 生後3~5か月児

(2) 1歳6か月児健康診査 満1歳6か月を超え満2歳に達しない幼児とする。

(3) 2歳児健康診査 満2歳を超え満3歳に達しない幼児とする。

(4) 3歳児健康診査 満3歳を超え満4歳に達しない幼児とする。

(事後措置)

第5条 健康診査の結果、治療、精密健康診査又は経過観察を要すると認める者について当該乳幼児の保護者に対し、次の各号に掲げる相談、指導等を行うとともに関係機関と密接な連携を保ち、保健指導の徹底を図るものとする。

(1) 専門医療機関等の紹介

(2) 定期的な健康診査、経過観察

(3) 保健師等による適切な相談、保健指導

(4) 医療費助成制度の利用等

(補則)

第6条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

1 この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

2 1歳6か月児健康診査実施要綱、2歳6か月児健康診査実施要綱、3歳児健康診査実施要綱(平成9年4月1日制定)は、廃止する。

大郷町乳幼児健康診査実施要綱

平成20年2月21日 告示第12号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成20年2月21日 告示第12号