○大郷町老人ふれあいの家設置及び管理に関する条例施行規則

平成22年3月26日

規則第16号

大郷町老人ふれあいの家管理規則(平成12年規則第1号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、大郷町老人ふれあいの家設置及び管理に関する条例(平成21年大郷町条例第30号。以下「条例」という。)第11条の規定に基づき、大郷町老人ふれあいの家(以下「老人ふれあいの家」という。)の管理及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用時間及び休館日)

第2条 老人ふれあいの家の利用時間及び休館日は、次のとおりとする。

(1) 利用時間 午前9時から午後5時までとする。

(2) 休館日 土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに12月29日から翌年1月3日までの日

2 前項の規定にかかわらず、町長又は指定管理者(以下「町長等」という。)が特に必要と認めるときは、利用時間及び休館日を変更することができる。ただし、指定管理者が利用時間及び休館日を変更する場合は、事前に町長の承認を得るものとする。

(使用許可の手続き)

第3条 条例第6条第1項の規定による許可を受けようとする者は、老人ふれあいの家使用申請書(様式第1号)を町長等に提出しなければならない。

2 町長等は、前項の申請を適当と認めたときは、老人ふれあいの家使用許可書(様式第2号)により許可するものとする。

3 上記第1項及び第2項の規定に係わらず、利用日誌に記入のうえ利用を許可することも可能とする。

(許可の取消し)

第4条 町長は、使用者がこの規則に違反したとき又は使用させることが不適当と認めたときは、使用許可を取消し又は使用を停止することができる。

(毀損等の届出)

第5条 利用者は、施設又は付属設備等を損傷し、又は滅失したときは、直ちに町長等に届け出て、その指示を受けなければならない。

(委任)

第6条 この規則に定めるもののほか、老人ふれあいの家の管理に関し必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

画像

画像

大郷町老人ふれあいの家設置及び管理に関する条例施行規則

平成22年3月26日 規則第16号

(平成22年4月1日施行)