○大郷町乳幼児育児用品支給事業実施要綱

平成23年3月29日

告示第15号

(目的)

第1条 この要綱は、子どもの出生を祝しその健全な育成のための子育て支援として、育児用品を支給する事業を実施することについて、必要な事項を定めるものとする。

(支給対象者)

第2条 育児用品の支給対象となる者(以下「支給対象者」という。)は、次の要件を満たす保護者とする。

(1) 町内に住所を有する者

(2) 満1歳未満の乳幼児(以下「対象児」という。)を養育している者

(支給期間)

第3条 支給対象者に対する支給期間は、対象児の出生日の属する月の翌月から起算して12ヶ月間(但し、転入者にあっては転入した日の属する月の翌月から対象児が満1歳に達する日の属する月まで)とする。

2 前項の規定にかかわらず、次に掲げる場合はその事実の生じた日の属する月までを支給期間とする。

(1) 支給対象者又は対象児が大郷町外へ転出した場合

(2) 対象児が死亡した場合

(支給品目等)

第4条 支給する用品の品目は、次に掲げる物品とする。

(1) 紙おむつ

(2) ミルク

(3) 哺乳瓶及び乳首

(4) おしりふきナップ

(5) 母乳パット

(6) 哺乳瓶消毒液

(7) ベビー用綿棒

(支給申請)

第5条 育児用品の支給を受けようとする者は、対象児の出生日の属する月(転入者にあっては、転入した日の属する月)の翌月末日までに、大郷町乳幼児育児用品支給申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 支給期間は単年度ごととし、次年度以降も支給対象となる者は、翌年4月に新たに大郷町乳幼児育児用品支給申請書を町長に提出しなければならない。

(支給決定)

第6条 町長は、前条に規定する大郷町乳幼児育児用品支給申請書を受理したときは、当該申請の内容を審査し、支給することが適当と認めた場合には、大郷町乳幼児育児用品支給決定通知書(様式第2号)ですみやかに支給の決定を通知するものとする。

(支給方法)

第7条 育児用品支給は、対象児1人あたり月額3,000円を限度とする育児用品引換券(以下「引換券」という。)(様式第3号)を交付することにより行うものとする。

2 引換券は、第6条に規定する支給決定後、4月分から9月分までの期間を前期、10月分から翌年3月分までを後期とし、2期に分けて交付するものとする。

3 前項の規定により、引換券の交付を受けた者は、引換券に記載された有効期限内に町が指定した大郷町内の業者(以下「取扱店」という。)から、育児用品を受け取るものとする。

4 引換券の交付を受けた者は、支給される育児用品の額が引換券の限度額を超えるときは、その差額を取扱店に支払わなければならない。

5 引換券は、他人に譲渡できないものとする。また、紛失した場合、再発行はできないものとする。

(平27告示71・一部改正)

(異動届)

第8条 支給対象者が受給資格を喪失したとき、又は対象児の住所、氏名等を変更したときは、大郷町育児用品受給資格等異動届(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

1 この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

2 平成23年4月1日に廃止した大郷町乳幼児育児用品購入費助成事業に該当する者のうち、東北地方太平洋沖地震の影響により3月に育児用品が購入できず3月分の育児用品購入費の助成請求ができなかった者については、要綱第7条第1項に規定する対象児1人あたりの月額限度額3,000円を平成23年4月に限り月額限度額を6,000円とする。

附 則(平成27年告示第71号)

この告示は、平成27年10月1日から施行する。

様式 略

大郷町乳幼児育児用品支給事業実施要綱

平成23年3月29日 告示第15号

(平成27年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成23年3月29日 告示第15号
平成27年9月11日 告示第71号