○大郷町災害見舞金支給要綱

平成23年6月1日

告示第29号

大郷町災害見舞金支給要綱(平成3年1月)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この要綱は、大郷町内で発生した災害の被災者に対して支給する災害見舞金(以下「見舞金」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱は、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 災害 地震、風水害その他の異常な自然現象又は火災による被害をいう。

(2) 被災世帯 被災者が属する世帯をいう。

(3) 被災者 災害を受けた当時、町内に住所を有し、かつ、現に居住している者が次のいずれかに該当する災害にあった者をいう。

 被災者が居住の用に供する家屋(以下「住宅」という。)が全壊、全焼又は流失したとき。

 住宅が大規模半壊したとき。

 住宅が半壊、半焼又は床上浸水したとき。

(支給の対象)

第3条 町長は、前条第3号の規定に該当するとき、被災世帯の世帯主又はこれに準ずる者に対し、見舞金を支給する。

(調査)

第4条 町長は災害が発生したときは、その状況を職員に調査させ、又は黒川消防署大郷出張所長の報告により、被害の状況を確認するものとする。

(支給の決定)

第5条 町長は、見舞金を支給するときは、前条による調査結果に基づき、支給の可否を決定するものとする。

(見舞金の額)

第6条 見舞金の額は、別表に定める額の範囲内とする。

(支給の制限)

第7条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、見舞金を支給しない。

(1) 被災者又はその遺族による故意又は重大な過失により発生したものであるとき。

(2) その他町長が支給の制限を行うことが必要と認めるとき。

(その他)

第8条 この要綱の実施に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、告示の日から施行し、改正後の大郷町災害見舞金支給要綱は、平成23年3月11日以降に生じた災害について適用し、同日前に生じた災害については、なお従前の例による。

別表(第6条関係)

区分

見舞金の額

第2条第3号アに該当

(全壊・全焼・流失)

1被災世帯(この表において「世帯」という。)につき100,000円(1住宅に複数の世帯が同居している場合は、主たる世帯にのみ支給する。ただし、共同住宅にあっては、この限りではない。)

第2条第3号イに該当

(大規模半壊)

1世帯につき50,000円(1住宅に複数の世帯が同居している場合は、主たる世帯にのみ支給する。ただし、共同住宅にあっては、この限りではない。)

第2条第3号ウに該当

(半壊・半焼・床上浸水)

1世帯につき30,000円(1住宅に複数の世帯が同居している場合は、主たる世帯にのみ支給する。ただし、共同住宅にあっては、この限りではない。)

大郷町災害見舞金支給要綱

平成23年6月1日 告示第29号

(平成23年6月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第10節 生活安全対策
沿革情報
平成23年6月1日 告示第29号