○大郷町新生児等訪問指導実施要綱

平成25年3月25日

訓令第3号

(目的)

第1条 この要綱は、母子保健法(昭和40年法律第141号)第10条、第11条及び第19条の規定並びに児童福祉法(昭和22年法律第164号)第21条の10の2の規定に基づき、新生児、未熟児及び乳児(以下「新生児等」という。)並びに保護者に対して、新生児等の発育、栄養、疾病予防等に関して適切な保健指導を行い、母子の健康保持及び育児支援を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 実施主体は、大郷町とする。

(対象者)

第3条 対象者は、町内に住所を有する新生児及び生後4か月までの乳児並びにそれらの保護者とする。ただし、特段の理由があると認められる場合は、生後4か月を超える乳児及びその保護者を対象とすることができる。

(対象者の把握)

第4条 訪問指導の対象者は、次に掲げる方法により把握するものとする。

(1) 出生届

(2) 出生連絡票

(3) 養育医療申請

(4) 医療機関その他の関係機関からの連絡

(訪問指導者)

第5条 訪問指導者は、次に掲げる者とする。

(1) 保健師

(2) 助産師

(指導内容)

第6条 訪問指導の内容は、「母性、乳児に対する健康診査及び保健指導の実施について(平成8年11月20日児発第934号厚生省児童家庭局長通知)」及び「乳児家庭全戸訪問事業ガイドライン(平成21年3月16日雇児発第0316001号)」によるものとする。

(訪問指導回数)

第7条 訪問指導の回数は、1回とする。ただし引き続き支援が必要と認められる場合はこの回数を超えて訪問することができるものとする。

(訪問指導の記録)

第8条 訪問指導を行った場合は、その状況を新生児・産婦訪問指導票(様式略)に記録するものとする。

(訪問指導後の措置)

第9条 訪問指導の結果、疾病その他の異常を発見した場合は、保護者にその旨を伝えるとともに、医療機関の受診を勧めるなどの措置をとるものとする。また、継続的な支援が必要と認められる場合には、関係機関と連携を図り、適切な支援に結びつけるものとする。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

(新生児訪問指導実施要綱の廃止)

2 新生児訪問指導実施要綱(平成9年大郷町告示第24号)は、廃止する。

大郷町新生児等訪問指導実施要綱

平成25年3月25日 訓令第3号

(平成25年4月1日施行)