○大郷町環境衛生整備事業補助金交付要綱

平成26年12月26日

告示第74号

(目的)

第1条 この要綱は、大郷町環境衛生整備事業を実践的に行うことにより、環境美化、公衆衛生を図り住みよい町づくりを目的とする。

2 大郷町環境衛生整備事業補助金の交付については、大郷町補助金交付規則(平成4年大郷町規則第2号)に規定するもののほか、この要綱に定めるところによる。

(補助対象)

第2条 補助金の交付対象者は各行政区環境衛生組合とする。ただし、第2項第3号に規定する事業については、事業実施団体を補助金の交付対象者とする。

2 補助の対象は次に掲げる事業とする。

(1) 各行政区環境衛生組合で管理するごみステーションの備品の購入及び補修事業

(2) 各行政区環境衛生組合のごみ不法投棄対策事業

(3) 各行政区環境衛生組合、町内会、老人クラブ及び子ども会等、地域で認知されており、かつ、地域住民5人以上で構成された営利を目的としない団体における資源回収事業。ただし、1年度当たり2回以上事業を実施し、資源回収業者に直接引渡しをしたものに限る。

また、他団体と協力して事業を実施したときは、どちらか一方を補助金の交付対象者とする。

(平29告示7・一部改正)

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、前条第2項の事業に要する費用を補助するために必要な経費に相当する額とし、別表に定める額を限度とする。ただし人件費については該当しない。

2 前項の補助金額は予算の範囲内で交付するものとし、年度内における1環境衛生組合のごみステーション備品の購入及び補修と、不法投棄対策の備品購入は4か所を上限、資源回収活動実績のあった団体に対しての交付は1回を上限とする。

(補助金の交付申請)

第4条 第2条第2項第1号及び第2号に規定する事業の補助金の交付を受けようとするものは、あらかじめ次に掲げる書類を添付した大郷町環境衛生整備事業補助金交付申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(1) 事業計画書、位置図

(2) 現状写真

(3) 見積書の写し

2 第2条第2項第3号に規定する事業の補助金の交付を受けようとするものは、大郷町環境衛生整備事業(資源回収事業)補助金交付申請書(様式第2号)を町長に提出しなければならない。

(平29告示7・一部改正)

(補助金の交付の決定及び通知)

第5条 町長は、前条の規定による補助金交付申請書の提出があったときは、速やかにその内容を審査して補助金の交付の可否を決定するものとする。

2 町長は、前項の規定により補助金を交付すべきものと決定したときは、大郷町環境衛生整備事業補助金交付決定通知書(様式第3号)により、交付することが不適当と決定したときは、大郷町環境衛生整備事業補助金不交付決定通知書(様式第4号)によりそれぞれ申請者に通知するものとする。

(平29告示7・一部改正)

(変更承認申請書)

第6条 前条第2項の規定により補助金交付決定を受けたもの(以下「補助対象者」という。)は、補助事業の内容を変更しようとするとき又は補助事業を中止し、若しくは廃止しようとするときは、大郷町環境衛生整備事業補助金変更承認申請書(様式第5号)を町長に提出し、その承認を受けなければならない。

2 補助対象者は、補助事業が予定の期間内に完了しないとき又は補助事業の遂行が困難になったときは、速やかにその理由、その他必要な事項を町長に報告し、その指示を受けなければならない。

(平29告示7・一部改正)

(実績報告)

第7条 第2条第2項第1号及び第2号に規定する事業の補助対象者は、補助事業が完了したときは、その完了した日から起算して20日以内又は当該年度末日のいずれか早い日までに大郷町環境衛生整備事業補助金実績報告書(様式第6号)に次に掲げる書類を添付して町長に提出しなければならない。

(1) 事業成績書

(2) 備品の設置後、又は補修後の写真

(3) 領収書の写し

(4) その他町長が必要と認める書類

2 第2条第2項第3号に規定する事業の補助対象者は、補助事業が完了したときは、その完了した日から起算して20日以内又は当該年度末日のいずれか早い日までに大郷町環境衛生整備事業(資源回収事業)補助金実績報告書(様式第7号)に次に掲げる書類を添付して町長に提出しなければならない。

(1) 有価物の引取を必要とする書類(回収業者の領収書等)

(2) その他町長が必要と認める書類

(平29告示7・一部改正)

(補助金の交付額の確定)

第8条 町長は、前条の規定による実績報告書の提出があった場合は、当該実績報告書の審査及び現地調査により、その報告に係る補助事業の成果が補助金の交付の決定の内容及びこれに付した条件に適合すると認めたときは、補助金の交付額を確定し、大郷町環境衛生整備事業補助金交付額確定通知書(様式第8号)により当該補助対象者に通知するものとする。

(平29告示7・一部改正)

(補助金の交付)

第9条 町長は、前条の規定による補助金の交付額の確定後、補助金を交付するものとする。

2 町長は、補助事業の遂行上必要があると認めたときは、前項の規定に関わらず補助金の交付の決定を受けた団体に対し、補助金を概算払又は前金払により交付することができる。

(補助金交付の取消し)

第10条 町長は、補助対象者が次の各号のいずれかに該当した場合には、補助金の交付の全部又は一部を取り消すことができる。

(1) 不正の手段により補助金を受けたとき

(2) 補助金を他の用途に使用したとき

(3) 補助金交付の条件に違反したとき

(補助金の返還)

第11条 町長は、補助金の交付を取り消した場合、当該取り消しにかかる部分に関し、すでに補助金が交付されているときは、補助金の返還を命ずることができる。

附 則

この告示は、平成26年12月25日から施行する。

附 則(平成29年告示第7号)

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

(平29告示7・全改)

事業

区分

補助金額(上限額)

(千円未満の端数が出た場合、端数は切り捨てる。)

ごみステーションの備品の購入及び補修事業

備品購入

50,000円

備品補修

12,000円

不法投棄対策事業

備品購入

30,000円

資源回収事業

1団体当たり

10,000円

画像画像

(平29告示7・全改)

画像

(平29告示7・全改)

画像

(平29告示7・全改)

画像

(平29告示7・全改)

画像

(平29告示7・全改)

画像画像

(平29告示7・全改)

画像

(平29告示7・追加)

画像

大郷町環境衛生整備事業補助金交付要綱

平成26年12月26日 告示第74号

(平成29年4月1日施行)