○大郷町指定ごみ袋取扱要綱

平成27年6月9日

告示第47号

(趣旨)

第1条 この要綱は、大郷町廃棄物の処理及び清掃に関する規則(平成9年大郷町規則第2号)第4条の規定に基づき、町が指定するごみ袋の取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 手数料 大郷町廃棄物の処理及び清掃に関する条例(平成9年大郷町条例第2号)第14条に規定する一般廃棄物処理手数料のうち、町が収集・運搬を行うごみを処理するための手数料をいう。

(2) 取扱料 町が指定ごみ袋取扱店に対して支払う指定ごみ袋取扱手数料をいう。

(指定ごみ袋の取扱店)

第3条 指定ごみ袋の取扱いは、くろかわ商工会に加盟している小売店とし、いずれも指定ごみ袋取扱店指定申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を町長に提出しなければならない。

(決定通知書)

第4条 前条の規定により提出された申請書が適当と認めるときは、大郷町指定ごみ袋取扱店指定通知書(様式第2号)により申請者に通知するとともに、その旨を告示しなければならない。

(手数料徴収事務の委託)

第5条 町長は、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第158条第1項の規定により、指定ごみ袋を交付するときに交付数に応じて徴収する一般廃棄物処理手数料の収納事務を指定ごみ袋取扱店に委託するものとする。

(指定ごみ袋の取扱い)

第6条 指定ごみ袋取扱店は、一般の需要を満たすことができる数量の指定ごみ袋を常備し、適正に在庫を管理するものとする。

2 指定ごみ袋取扱店は、指定ごみ袋の交付を受けようとする者から一般廃棄物処理手数料を収納し、指定ごみ袋を交付するものとする。

3 指定ごみ袋取扱店は、指定ごみ袋の発注に関し、町の指示に従わなければならない。

4 指定ごみ袋取扱店は、指定ごみ袋を販売するにあたりその料金を値引きし、割増し、又はサービス品として無料配布してはならない。

(手数料の納入)

第7条 指定ごみ袋取扱店は、町から、前月1日から前月末日までの期間に発注し、受領した指定ごみ袋に係る手数料の請求を受けたときは、これを現金で町に払い込まなければならない。

(平29告示10・一部改正)

(取扱料の算定)

第8条 取扱料は、指定ごみ袋1枚につき3円とする。

(平29告示10・一部改正)

(繰替払い)

第9条 前条に規定する取扱料の支出事務については、第7条で規定するごみ処理手数料に係る当該現金を繰替えて支払うこととする。

2 前項に規定する繰替払いをするときは、あらかじめ、会計管理者に対し、繰替払算出基礎等通知書(様式第3号)により通知する。

3 繰替払いをしたときは、繰替使用計算通知書(様式第4号)を作成し、領収証書等の証拠書類とともに会計管理者に送付する。

4 会計管理者は、前項の繰替使用計算通知書の送付を受けたときは、繰替使用計算書(様式第5号)により所管の課長等に送付する。

(平27告示63・一部改正)

(手数料及び取扱料に関する事務)

第10条 第7条及び第8条の規定に係る取扱いについては、指定ごみ袋取扱店に代わりくろかわ商工会が行うものとする。

(廃止届出)

第11条 指定ごみ袋取扱店は、指定ごみ袋の取扱いを廃止しようとするときは、指定ごみ袋取扱店廃止届出書(様式第6号)を町長に届け出なければならない。

(平27告示63・一部改正)

(指定の解除)

第12条 町長は、指定ごみ袋取扱者が次の各号のいずれかに該当するときは取扱の指定を解除することができる。

(1) この要綱の規定に違反したとき。

(2) 取扱業務に関し、不正又は不適切な行為をしたとき。

(3) 指定ごみ袋取扱店として町長が不適当と認めるとき。

(その他)

第13条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成27年7月1日から施行する。

附 則(平成27年告示第63号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年告示第10号)

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

(平27告示63・追加)

画像

(平27告示63・追加)

画像

(平27告示63・追加)

画像

(平27告示63・旧様式第3号繰下)

画像

大郷町指定ごみ袋取扱要綱

平成27年6月9日 告示第47号

(平成29年4月1日施行)