○大郷町脳健診助成事業実施要綱

平成28年4月28日

告示第47号

大郷町脳健診助成事業実施要綱(平成15年大郷町告示第44号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この要綱は、脳血管疾患による寝たきり等重篤な後遺症や認知症等の予防及び早期発見、早期治療を図ることを目的として、脳健診の費用の一部を助成することについて必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「脳健診」とは、医療機関等で受ける頭部MRIを含む脳健診とする。

(対象者)

第3条 脳健診の費用の助成の対象となる者は、町内に住所を有し、当該年度内に40歳以上に達する者とする。

(助成額)

第4条 助成金の額は、受診者1人につき、脳健診に要した自己負担額の1/2以内で、10,000円を上限とする。

(助成の申込)

第5条 脳健診の助成を受けようとする者は、希望する医療機関等において、毎年度4月から翌年3月までの期間内に脳健診を受けるものとする。

(令元告示48・一部改正)

(申請方法)

第6条 助成金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、脳健診助成申請書(別記様式)(以下「申請書」という。)に受診した医療機関等の領収書を添えて、別に定める申請期限内に町長に申請するものとする。

(令元告示48・一部改正)

(助成金の交付)

第7条 町長は、前条の申請書の提出があったときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、申請者の指定した金融機関口座に助成金を振り込むものとする。

(助成の取消し及び返還)

第8条 町長は、申請者が偽りその他不正の手段により助成金の交付を受けたときは、助成金の全部又は一部を取り消すとともに、既に助成金が交付されている場合は、取消しに係る助成金の返還を命ずることができるものとする。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成28年5月1日から施行する。

附 則(令和元年告示第48号)

この告示は、公布の日から施行し、平成31年4月1日から適用する。

(令元告示48・全改)

画像

大郷町脳健診助成事業実施要綱

平成28年4月28日 告示第47号

(令和元年6月14日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成28年4月28日 告示第47号
令和元年6月14日 告示第48号