○大郷町出産祝金支給要綱

平成28年3月11日

告示第25号

(目的)

第1条 この告示は、大郷町(以下「町」という。)の未来を担う子どもの誕生を祝福し、子どもの健全な育成と子育て世代の定住促進を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 対象児 平成28年4月1日以降出生した児童であり、出生日において、町の住民基本台帳に記載されている児童

(2) 支給対象者 対象児を養育する父又は母のいずれかとし、対象児の出生日において、町の住民基本台帳に記載されている者

(3) 対象児の区分 対象児を出産した母が、対象児の出産以前に出産(死産を除く。)した子が1人の場合、対象児は第2子となり、対象児の出産以前に出産(死産を除く。)した子が2人以上の場合、対象児は第3子以降となる。

(祝金の額)

第3条 祝金の額は、次の各号に掲げる対象児の区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 第1子の場合 10,000円

(2) 第2子の場合 20,000円

(3) 第3子の場合 30,000円

(4) 第4子以降の場合 50,000円

(平28告示98・一部改正)

(祝金の申請)

第4条 祝金の支給を受けようとする支給対象者は、対象児の出生日から起算して30日以内に大郷町出産祝金支給申請書兼請求書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 支給対象者は、前項の規定による申請の際、対象児が第何子であるかを確認するための資料を提出しなければならない。

(支給決定及び支給方法)

第5条 町長は、前条第1項の申請書が提出されたときは、その内容を審査の上、適正と認めた場合は、当該申請をした者に通知するものとする。

2 町長は、前項により支給決定をした場合、速やかに祝金の支給決定を受けた者に支払うものとする。

(返還)

第6条 町長は、祝金の支給決定を受けた者が虚偽の申請その他不正な手段により祝金の支給を受けた場合又は祝金を返還することが必要であると認めた場合は、祝金の支給決定を取消し、既に祝金が支給されているときは、その全部を返還させることができる。

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年告示第98号)

この告示は、公布の日から施行し、平成28年4月1日から適用する。

画像

大郷町出産祝金支給要綱

平成28年3月11日 告示第25号

(平成28年10月31日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成28年3月11日 告示第25号
平成28年10月31日 告示第98号