○大多喜町特別養護老人ホーム職員の勤務時間等の特例に関する規程

昭和55年7月31日

訓令第2号

(目的)

第1条 この規程は、大多喜町特別養護老人ホーム(以下「老人ホーム」という。)の適正な運用を図るため別に定めるもののほか、老人ホーム職員(以下「職員」という。)の勤務時間に関して必要な事項を定めることを目的とする。

(勤務時間)

第2条 職員の勤務時間は、4週間につき155時間を超えない範囲とする。

2 職員の勤務時間は、次の表のとおりとする。

勤務時間

事務職員

午前8時30分から午後5時15分まで

看護職員

早番 午前7時30分から午後4時15分まで

日勤 午前8時30分から午後5時15分まで

遅番 午前9時30分から午後6時15分まで

介護職員

早番 午前7時30分から午後4時15分まで

日勤 午前8時30分から午後5時15分まで

遅番 午前9時30分から午後6時15分まで

夜勤 午後4時30分から翌日の午前9時00分まで

調理職員

早番 午前7時00分から午後3時45分まで

日勤 午前8時30分から午後5時15分まで

遅番 午前9時45分から午後6時30分まで

3 次の各号に定める職員についての勤務日及び休日の割り振りについては、原則として4週8休の勤務割表とする。

(1) 看護職員

(2) 介護職員

(3) 調理職員

(週休日及び休日)

第3条 週休日及び休日は、次に定める日とする。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日まで

2 前条第3項各号に掲げる職員については、前項の規定にかかわらず別に作成する勤務割表により定めた日をもって週休日及び休日とする。

(休憩時間)

第4条 職員の休憩時間は、午前11時50分から午後1時50分までの間に交替で1時間とする。ただし、夜間勤務における休憩時間は、午後7時から翌日の午前5時45分までの間に交替で1時間とする。

附 則

この訓令は、昭和55年8月1日から施行する。

附 則(昭和57年6月24日訓令第3号)

この訓令は、昭和57年7月1日から施行する。

附 則(昭和62年9月28日訓令第5号)

この訓令は、昭和62年10月1日から施行する。

附 則(平成13年8月1日訓令第5号)

この訓令は、公示の日から施行し、平成13年4月1日から適用する。

附 則(平成18年12月20日訓令第12号)

この訓令は、公示の日から施行し、平成18年7月1日から適用する。

附 則(平成22年1月27日訓令第2号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

大多喜町特別養護老人ホーム職員の勤務時間等の特例に関する規程

昭和55年7月31日 訓令第2号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第8類 生/第1章 社会福祉/第5節 特別養護老人ホーム
沿革情報
昭和55年7月31日 訓令第2号
昭和57年6月24日 訓令第3号
昭和62年9月28日 訓令第5号
平成13年8月1日 訓令第5号
平成18年12月20日 訓令第12号
平成22年1月27日 訓令第2号