○大多喜町個人情報保護法施行細則

令和5年2月16日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号。以下「法」という。)、個人情報の保護に関する法律施行令(平成15年政令第507号。以下「令」という。)及び大多喜町個人情報保護法施行条例(令和4年条例第20号。以下「条例」という。)を施行するために必要な事項を定めるものとする。

(費用の減免)

第2条 条例第4条第4項の規定により写しの交付に要する費用の減額又は免除を受けようとする者は、町長に対し、個人情報開示費用減免申請書(別記第1号様式)を、別に定める個人情報開示請求書と併せて提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請書の提出があったときは、内容を審査し、減免の可否を決定し、その旨を個人情報開示費用減免決定(却下)通知書(別記第2号様式)により、別に定める通知書と併せて開示請求者に通知するものとする。

(写しの送付に要する費用の納付の方法)

第3条 令第28条第4項の規則で定める方法は、次に掲げる方法とする。

(1) 郵便切手又は町長が定めるこれに類する証票で納付する方法

(2) 現金により納付する方法

(運用状況の公表)

第4条 町長は、毎年1回、実施機関における法の運用の状況を取りまとめ、次に掲げる事項を告示又は町の広報紙に掲載して公表するものとする。

(1) 保有個人情報の開示請求、訂正請求及び利用停止請求の件数

(2) 保有個人情報の開示決定等、訂正決定等及び利用停止決定等の内訳

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長が必要と認める事項

この規則は、デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律(令和3年法律第37号)附則第1条第7号に掲げる規定(同法第51条の規定に限る。)の施行の日から施行する。

画像

画像

大多喜町個人情報保護法施行細則

令和5年2月16日 規則第2号

(令和5年4月1日施行)