○音更町職員被服貸付規程

昭和42年11月1日

訓令第5号

(趣旨)

第1条 職員の被服の貸付けについては、この規程の定めるところによる。

(被服の貸付け)

第2条 職員のうち別表の職種欄に掲げる職にある者に対し、当該品目欄に掲げる被服を貸し付ける。

2 被服の貸付けを受けた日から当該被服について別表に定める耐用年数を経過したときは、新たに職員に被服を貸し付ける。

(着用の義務)

第3条 被服の貸付けを受けた者は、勤務時間中当該被服を着用しなければならない。

(保存等の心得)

第4条 被服の貸付けを受けた者は、当該被服を常に清潔に保ち、善良なる管理者の注意をもつて保存しなければならない。

(転貸の禁止)

第5条 被服の貸付けを受けた者は、被服を他人に使用させてはならない。

(被服の返還)

第6条 被服の貸付けを受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは、その者(死亡退職の場合にあつては、その遺族)は、当該被服をすみやかに町長に返還しなければならない。ただし、町長が特に認めた場合は、この限りでない。

(1) 退職(死亡によるものを含む。)したとき。

(2) 職務替え等により第2条第1項に規定する職員でなくなつたとき。

(亡失等による弁償)

第7条 被服の貸付けを受けた者が当該被服を亡失したときは、耐用年数の残年数に相当する額を超えない範囲で町長の定める額を弁償しなければならない。ただし、町長が特に認めた場合は、この限りでない。

(被服の帰属)

第8条 耐用年数を経過した被服は、当該被服の貸付けを受けた職員に帰属するものとする。

(台帳)

第9条 町長は、被服貸付台帳(別記様式)を備え必要事項を記入するものとする。

この規程は、昭和42年11月1日から施行する。

(昭和49年10月15日訓令第5号)

この規程は、公布の日から施行する。

(昭和50年5月17日訓令第5号)

この訓令は、昭和50年4月1日から適用する。

(平成7年6月8日訓令第8号)

この訓令は、令達の日から施行し、平成7年4月1日から適用する。

(平成14年3月25日訓令第2号)

この訓令は、令達の日から施行する。

(平成16年3月25日訓令第1号)

この訓令は、令達の日から施行する。

(平成18年3月14日訓令第2号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

(平成21年9月28日訓令第8号)

この訓令は、平成21年10月1日から施行する。

(令和2年3月31日訓令第3号)

この訓令は、令達の日から施行する。

(令和2年10月29日訓令第8号)

この訓令は、令達の日から施行する。

(令和5年4月6日訓令第4号)

この訓令は、令達の日から施行する。

別表(第2条関係)

職種

品目

員数

耐用年数

摘要

保育士

ジャージー

1

1

 

環境衛生作業員・ごみ収集作業員

作業服

1

1

 

安全靴

2

1

 

軍手

24

1

 

ゴム手袋

2

1

 

革手袋

1

1

 

雨合羽

1

2

 

防寒服

1

2

 

ふれあい交流館の調理加工室・工芸室及び特産品開発に従事する者

白帽子又は頭巾

2

1

 

白衣

2

1

 

調理衣(上下)

2

1

 

エプロン

2

1

 

調理用長靴

1

1

 

ゴム手袋

5

1

 

腕カバー

2

1

 

道路維持作業員

作業服

1

1

 

安全靴

2

1

 

安全スパイク足袋

1

2

 

軍手

24

1

 

ゴム手袋

2

1

 

雨合羽

1

2

 

防寒服

1

2

 

公園管理作業員

作業服

1

1


安全靴

1

1


軍手

14

1


ゴム手袋

2

1


雨合羽

1

2


防寒服

1

2


町営パークゴルフ場の受付及び清掃に従事する者

帽子

1

1

 

画像

音更町職員被服貸付規程

昭和42年11月1日 訓令第5号

(令和5年4月6日施行)

体系情報
第5編 与/第3章 手当等
沿革情報
昭和42年11月1日 訓令第5号
昭和49年10月15日 訓令第5号
昭和50年5月17日 訓令第5号
平成7年6月8日 訓令第8号
平成14年3月25日 訓令第2号
平成16年3月25日 訓令第1号
平成18年3月14日 訓令第2号
平成21年9月28日 訓令第8号
令和2年3月31日 訓令第3号
令和2年10月29日 訓令第8号
令和5年4月6日 訓令第4号