○音更町労働福祉基金条例

昭和45年4月1日

条例第11号

(設置)

第1条 音更町における労働者の福利厚生を図るため、労働福祉基金(以下「基金」という。)を設置する。

(基金の額)

第2条 基金の額は、200万円とする。

2 必要があるときは、予算の定めるところにより基金に追加して積み立てをすることができる。

3 前項の規定により積み立てが行われたときは、基金の額は積み立て額相当額増加するものとする。

(基金の預託)

第3条 基金は、銀行その他金融機関に預託することができる。

(貸付けの対象)

第4条 基金の貸付けの対象は、労働組合又は職員団体を構成する者であつて、音更町に住所を有するものとする。

(資金の種類)

第5条 資金の種類は、生活資金及び住宅資金とする。

(貸付機関及び貸付方法)

第6条 貸付けを行う機関は、預託した金融機関とし、貸付けの方法は、貸付けを行う金融機関の定めるところによる。

(繰替運用等)

第7条 町長は、財政上必要があると認めるときは、確実な繰戻しの方法、期間及び利率を定めて、基金に属する現金を歳計現金に繰り替えて運用し、又は一般会計の歳入歳出予算の定めるところにより歳入に繰り入れて運用することができる。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、基金の管理に関し必要な事項は、町長が別に定める。

この条例は、昭和45年4月1日から施行する。

(昭和47年3月28日条例第6号)

この条例は、昭和47年4月1日から施行する。

(平成14年3月25日条例第1号)

この条例は、平成14年4月1日から施行する。

音更町労働福祉基金条例

昭和45年4月1日 条例第11号

(平成14年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第1章 財産・契約
沿革情報
昭和45年4月1日 条例第11号
昭和47年3月28日 条例第6号
平成14年3月25日 条例第1号