○音更町小中学校児童生徒に対する遠距離通学費補助規則

昭和54年4月1日

教委規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、音更町立小中学校に通学する児童生徒の通学に要する費用について、補助することを目的とする。

(定義)

第2条 この規定において「通学距離」とは、児童生徒の居住地から学校所在地までの通学の通学経路による片道の距離を、「交通機関」とは、一般乗合自動車をいう。

(補助対象及び交付金の額)

第3条 交付金は、通学距離が児童にあつては4キロメートル以上の場合に、生徒にあつては6キロメートル以上の場合に交付する。

2 交付金の額は、次のとおりとする。

(1) 交通機関を利用し、その運賃の負担を常例とする場合

月額 通学期間が1箇月の定期券の価格の3分の2の額

(2) 自転車その他による場合

月額 4キロメートル以上 750円

6キロメートル以上 1,000円

(交付金の交付の申請)

第4条 交付金の交付の申請は、児童、生徒が通学する学校長を通じて保護者が行う。

2 前項の申請は、第1学期の交通費に係る場合にあつては7月10日までに、第2学期の交通費に係る場合にあつては12月10日までに別記様式の交付金交付申請を、当該学校長に提出しなければならない。ただし、転校または退学の場合にあつては、このかぎりでない。

3 学校長は、交付金の交付申請書の提出があつた場合においては、定期券の提示を求めるなどにより、乗車の事実その他必要な事項を確認のうえ、直ちに教育長に提出しなければならない。

(交付金の交付)

第5条 交付金は、第3条の規定によつて算定した額の4箇月分に相当する額を7月及び12月に、2箇月分に相当する額を3月に交付する。

2 学期のなかにおいては、この規則の適用を受けることになつた場合又は受けなくなることとなつた場合のその月の分の交付金は、当該月の通学日数が11日を超える場合にのみ1月とみなして交付する。

この規則は、昭和54月4月1日から施行する。

(平成5年4月23日教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行し、平成5年4月1日から適用する。

(平成16年3月25日教委規則第3号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

(平成18年4月28日教委規則第4号)

1 この規則は、公布の日から施行し、平成18年4月1日から適用する。

2 この規則の施行の際、現にこの規則による改正前の音更町小中学校児童生徒に対する遠距離通学費補助規則の規定に基づいて作成されている用紙がある場合においては、この規則による改正後の音更町小中学校児童生徒に対する遠距離通学費補助規則の規定にかかわらず、当分の間使用することを妨げない。

(令和3年8月26日教委規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年9月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、施行前の規定に基づいて作成されている用紙がある場合においては、施行後の規定にかかわらず、当分の間、必要な調整をして使用することを妨げない。

別記様式 略

音更町小中学校児童生徒に対する遠距離通学費補助規則

昭和54年4月1日 教育委員会規則第1号

(令和3年9月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和54年4月1日 教育委員会規則第1号
平成5年4月23日 教育委員会規則第4号
平成16年3月25日 教育委員会規則第3号
平成18年4月28日 教育委員会規則第4号
令和3年8月26日 教育委員会規則第4号