○音更町総合福祉センター条例

平成9年6月26日

条例第6号

(設置及び目的)

第1条 この条例は、町民の総合的な福祉の増進及び地域活動の普及振興を図るため、音更町総合福祉センター(以下「福祉センター」という。)を設置し、必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 福祉センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 音更町総合福祉センター

位置 音更町大通11丁目1番地

(使用の許可)

第3条 福祉センターを使用しようとする者は、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。使用に当たって、特別の設備を設け、又は特殊な物件を搬入しようとするときも、同様とする。

2 町長は、前項の許可をする場合において、福祉センターの管理運営上必要があるときは、その使用において条件を付することができる。

(使用の制限)

第4条 町長は、福祉センターの使用目的が次の各号のいずれかに該当するときは、使用を許可しないものとする。

(1) 公の秩序を害し、善良な風俗を乱すおそれがあると認めるとき。

(2) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団及び同条第6号に規定する暴力団員の利益になると認めるとき。

(3) 施設、附属設備若しくは備付物件を滅失し、又は損傷するおそれがあると認めるとき。

(4) 前各号に定めるもののほか、公益上又は福祉センターの管理運営上支障があると認めるとき。

(使用料)

第5条 福祉センターの使用者(以下「使用者」という。)は、別表に定める使用料を納入しなければならない。

2 使用に関し、電気料金、ガス料金等の費用をその使用者に負担させることが相当であるときは、当該費用の額をその使用料の額に加算して徴収することができる。

(使用料の減免)

第6条 町長は、特に必要があると認めたときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の還付)

第7条 既に納付した使用料は、これを還付しない。ただし、町長が特に認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

(目的外使用及び権利譲渡の禁止)

第8条 使用者は、使用の許可を受けた目的以外に福祉センターを使用し、使用許可の全部若しくは一部を転貸し、又はその権利を譲渡してはならない。

(使用者の遵守事項)

第9条 使用者は、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 許可なく福祉センター内で物品の配布、販売、募金等の行為を行わないこと。

(2) 許可なく福祉センター内で広告宣伝物を掲示し、配布し、又は設置しないこと。

(3) 福祉センター内の所定の場所以外で飲食し、又は火気を使用しないこと。

(4) 施設、附属設備又は備付物件をき損し、汚損し、又は滅失したときは、直ちに町長に届け出ること。

(5) 指定の場所以外に車を乗り入れ、又は駐車しないこと。

(使用許可の取消し等)

第10条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用の許可を取り消し、使用許可の条件を変更し、又は使用を停止することができる。この場合において、使用者に損害を及ぼすことがあっても、その賠償の責を負わない。

(1) 使用者が使用許可の条件に違反したとき。

(2) 使用者がこの条例に違反したとき。

(3) 第4条各号のいずれかに該当したとき。

(4) 使用の申請内容に偽りがあったとき。

(原状の回復)

第11条 使用者は、使用を終わったとき、使用を停止されたとき、又は使用の許可を取り消されたときは、直ちに原状に回復しなければならない。

2 使用者が前項の義務を履行しないときは、町長がこれを代行し、その費用は使用者が負担するものとする。

(損害賠償)

第12条 使用者は、故意又は過失により施設、附属設備若しくは備付物件を滅失し、又は損傷したときは、町長の定めるところによりその損害を賠償しなければならない。

(規則への委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

この条例は、平成9年9月1日から施行する。

(平成10年12月22日条例第32号)

1 この条例は、平成11年4月1日から施行する。

2 この条例による改正後の条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後における使用、占用又は役務の提供(以下「使用等」という。)から適用し、施行日前の使用等については、なお従前の例による。

(平成12年3月27日条例第15号)

1 この条例は、平成12年4月1日から施行する。

(平成15年10月9日条例第24号)

1 この条例は、平成16年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

2 この条例による改正後の音更町児童会館条例、木野地域町民センター条例、音更町コミュニティセンター条例、音更町総合福祉センター条例、音更町ふれあい交流館条例及び音更町福祉会館条例(以下「新児童会館条例等」という。)の規定は、施行日以後に新児童会館条例等に規定する施設を使用する場合について適用し、同日前に当該施設を使用する場合については、なお従前の例による。

(平成16年3月25日条例第5号)

(施行期日)

1 この条例は、平成16年4月1日から施行する。ただし、第23条から第27条までの規定は、平成16年5月11日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の条例の規定は、当該条例の施行の日以後における使用、占用又は役務の提供(以下「使用等」という。)について適用し、同日前の使用等については、なお従前の例による。

(平成18年6月16日条例第27号)

この条例は、平成18年9月2日から施行する。

(令和元年6月21日条例第16号)

この条例は、令和元年7月1日から施行する。ただし、第2条、第10条から第15条まで、第17条から第19条まで及び第22条の規定は、令和2年4月1日から施行する。

(令和4年12月16日条例第24号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第5条関係)

区分

1時間当たりの使用料(単位円)

5月1日から10月31日まで

11月1日から翌年4月30日まで

大集会室

1,680

2,016

中集会室

840

1,008

調理室

735

882

1階和室1

315

378

〃 和室2

315

378

〃 和室3

315

378

〃 研修室

315

378

2階和室

420

504

〃 研修室1

735

882

〃 研修室2

735

882

備考

1 本表に定める使用料は、消費税及び地方消費税相当額を含むものである。

2 各室ごとに本表の1時間当たりの使用料に使用時間数を乗じて算出するものとする。

3 使用のための準備及び原状回復に要する時間は、使用時間に含むものとする。

4 使用時間に1時間未満の端数があるときは、これを1時間とする。

5 葬儀のために使用する場合(連続して2日間にわたり使用する場合に限る。)の使用料は、第2項の規定にかかわらず、1回につき次のとおりとする。

(1) 使用する日の初日が5月1日から10月31日までの間 31,500円

(2) 使用する日の初日が11月1日から翌年4月30日までの間 37,800円

6 大集会室の使用には、ステージの使用を含むものとする。

7 大集会室を2室に仕切りその一方のみを使用する場合は、第2項の規定により算出した大集会室の使用料の2分の1に相当する額とする。

8 次の場合は、第2項の規定により算出した使用料に当該額の100分の100に相当する額を加算する。

(1) 宣伝、展示、販売等を伴う営利活動のために使用する場合

(2) 入場料、会費等を徴収して使用する場合(営利を伴う場合に限る。)

音更町総合福祉センター条例

平成9年6月26日 条例第6号

(令和4年12月16日施行)