○音更町上下水道事業の運営に関する規程

平成24年3月29日

上下水道事業規程第1号

(趣旨)

第1条 音更町水道事業、簡易水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例(昭和52年音更町条例第18号)第1条各号に掲げる事業(以下「上下水道事業」という。)の運営については、別に定めるもののほか、この規程の定めるところによる。

(職員に関する条例等の準用)

第2条 上下水道事業の企業職員(以下「職員」という。)に関する次に掲げる事項は、音更町の条例、規則及び訓令の規定を準用する。

(1) 勤務時間その他の勤務条件に関する事項

(2) 分限及び懲戒に関する事項

(3) 服務に関する事項。ただし、職員の服務の宣誓に関する条例(昭和26年音更町条例第5号)第2条に規定する宣誓書については、宣誓書(別記第1号様式)のとおりとする。

(組織)

第3条 音更町水道事業、簡易水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例第4条第2項の規定により設置された上下水道部に別表第1に掲げる課及び係を置く。

2 公営企業管理者(以下「管理者」という。)は、上下水道部長とする。

(分掌事務)

第4条 前条の組織の分掌事務は、別表第2のとおりとする。

(組織に置く職及びその職務)

第5条 次の表の左欄に掲げる組織に同表の中欄に掲げる職を置き、その職務は、それぞれ同表の右欄に掲げるとおりとする。

組織

職務

課長

上司の命を受け、課の事務を掌理し、所属の職員を指揮監督する。

係長

上司の命を受け、係の事務を掌理し、処理する。

(組織に置くことができる職及びその職務)

第6条 前条に定める職のほか、次の表の左欄に掲げる組織に同表の中欄に掲げる職を置くことができる。その職務は、それぞれ同表の右欄に掲げるとおりとする。

組織

職務

部次長

管理者を補佐し、部の事務(複数の部次長が置かれている場合は、分担する担任事務)又は担当する事務を掌理し、所属の職員を指揮監督する。

担当課長

上司の命を受け、担当する事務を掌理し、所属の職員を指揮監督する。

課長補佐

課長(担当課長を含む。以下同じ。)を補佐し、課の事務(複数の課長補佐が置かれている場合は、分担する担任事務)を掌理し、所属の職員を指揮監督する。

部及び課

参事

上司の命を受け、担当する事務を掌理し、所属の職員を指揮監督する。

主幹

担当主幹

主査

上司の命を受け、担当する事務を掌理する。

担当主査

2 前項に規定する担当する事務、分担する担任事務及び部又は課の事務は、管理者が別に定める。この場合において、必要に応じ、組織、事務等の名称を冠した職とすることができる。

(必要に応じて置く職及びその職務)

第7条 前2条に定める職のほか、必要に応じ、部、課及び係に次の各号に掲げる職を置き、その職務は、当該各号に定めるとおりとする。

(1) 主任 上司の命を受け、担任の事務に従事する。

(2) 主事 上司の命を受け、事務に従事する。

(職の任命等)

第8条 前3条に定める職は、職員のうちから管理者が命ずる。

(専決)

第9条 部次長、課長及び参事は、別表第3に掲げる事項を専決することができる。

(専決の制限)

第10条 前条に規定する専決事項であっても、重要又は異例に属すると認められる事項については、上司の決裁を受けなければならない。

(代決権者及び代決の順序)

第11条 代決(権)を行うことができる者及び代決の順序は、別表第4に定めるとおりとする。

2 前項の規定により代決した事項は、速やかに上司の閲覧に供さなければならない。ただし、軽易な事項については、この限りでない。

(代決の禁止)

第12条 代決すべき事項が次の各号のいずれかに該当するものについては、代決することができない。

(1) 当該事項の重要度に応ずる緊急性のないと認められるもの

(2) 新たな計画に関するもの

(3) 支出負担行為及び支出命令(旅費を除く。)

(合議)

第13条 他の部署と関係を有する事案は、必要に応じ当該部署の合議を経て決裁を受けるものとする。

2 合議を求められた関係部署は、速やかに内容を確認し、当該事案について意見を異にするときは、その意見を付けて返付しなければならない。

(公印の取扱い)

第14条 公印の名称、形状、寸法、個数、使用区分、保管課等及び保管責任者は別表第5のとおりとする。

2 保管責任者は、公印台帳(別記第2号様式)を備え、全ての公印を登録しなければならない。

3 公印は、保管位置以外に持ち出すことはできない。ただし、職務のため、公印の持ち出しを要する場合は、公印持出簿(別記第3号様式)により保管責任者の承認を得た上で公印を携行することができる。

4 前3項に規定するもののほか、公印の取扱いについては、音更町公印規則(昭和38年音更町規則第3号)の規定を準用する。

(公告式)

第15条 管理者が定める規程、訓令、告示その他一般に公示を要する文書の公告式は、音更町公告式条例(昭和25年音更町条例第16号)の規定を準用する。

(文書の取扱い)

第16条 文書の取扱いについては、管理者が別に定めるもののほか、音更町役場処務規程(昭和44年音更町訓令第1号)第2章の規定及び音更町文書編集保存規程(昭和52年音更町訓令第3号)の規定を準用する。

2 文書の記号は、別表第6のとおりとする。

(契約等の取扱い)

第17条 上下水道事業の契約及び建設工事の執行、請負業者の選定等(以下「契約等」いう。)については、法令に定めがあるもの又は法令に基づいて管理者が別に定めるもの若しくは音更町財務規則(平成9年音更町規則第4号)音更町建設工事執行規則(昭和41年音更町規則第10号)及び建設工事請負業者格付及び選定基準に関する規則(昭和51年音更町規則第23号)の規定に基づいて音更町が行う契約等に係る取扱いの例による。

(被服の貸付け)

第18条 職員のうち別表第7の職種欄に掲げる職にある者に対し、当該品目欄に掲げる被服を貸し付ける。

2 被服の貸付け、返還その他被服貸付けの取扱いについては、この規程に定めるもののほか、音更町職員被服貸付規程(昭和42年音更町訓令第5号)の規定を準用する。

(施行期日)

1 この規程は、平成24年4月1日から施行する。

(音更町水道事業の運営に関する規程の廃止)

2 音更町水道事業の運営に関する規程(昭和52年音更町水道事業訓令第1号)は、廃止する。

(平成26年4月23日上下水道事業規程第2号)

この規程は、公布の日から施行し、平成26年4月1日から適用する。

(平成28年3月31日上下水道事業規程第2号)

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

(平成28年10月31日上下水道事業規程第4号)

この規程は、平成28年11月11日から施行する。

(平成29年5月2日上下水道事業規程第2号)

この規程は、公布の日から施行し、平成29年4月1日から適用する。

(平成29年12月1日上下水道事業規程第3号)

(施行期日)

1 この規程中第1条の規定は公布の日から、第2条の規定は平成29年12月5日から施行する。

(経過措置)

2 この規程による改正前の音更町水道事業及び下水道事業の運営に関する規程(以下「旧規程」という。)の規定に基づき公印台帳に登録されている公印であって、電子計算機に記録されているものは、この規程の施行の日において、この規程による改正後の音更町水道事業及び下水道事業の運営に関する規程(以下「新規程」という。)第14条第4項の規定により準用する音更町公印規則(昭和38年音更町規則第3号)第11条の規定に基づき上下水道課長の承認を得たものとみなす。

3 この規程の施行の際、旧規程の規定に基づいて作成されている公印台帳については、新規程の規定に基づいて作成されたものとみなす。

(平成30年3月30日上下水道事業規程第1号)

この規程は、平成30年4月1日から施行する。

(平成30年7月6日上下水道事業規程第3号)

この規程は、公布の日から施行する。

(令和2年3月25日上下水道事業規程第1号)

(施行期日)

1 この規程は、令和2年4月1日から施行する。

(音更町水道事業及び下水道事業の運営に関する規程の一部改正に伴う経過措置)

2 第1条の規定による改正後の音更町上下水道事業の運営に関する規程別表第3課長の専決事項の項の規定は、令和2年度以後の予算に係る事務の決裁について適用し、令和元年度予算に係る事務の決裁については、なお従前の例による。

(令和4年3月31日上下水道事業規程第5号)

(施行期日)

1 この規程は、令和4年4月1日から施行する。

2 この規程の施行の際、現に施行前の規定に基づいてなされている行為、処分及び手続については、改正後のそれぞれの規程に基づいてなされたものとみなす。

(準備行為)

3 第4条の規定による改正後の音更町上下水道事業の運営に関する規程による公印の保管、作成その他公印に関し必要な行為については、この規程の施行の日前においても行うことができる。

(令和5年4月28日上下水道事業規程第1号)

この規程は、公布の日から施行し、令和5年4月1日から適用する。

(令和6年3月29日上下水道事業規程第4号)

この規程は、令和6年4月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

上下水道部

上下水道課

総務係 料金係 水道係 簡易水道係 給排水係 下水道係

別表第2(第4条関係)

上下水道部

上下水道課

総務係

(1) 条例、規程等重要文書の審査及び告示に関すること。

(2) 文書の収受、発送、保存及び整理に関すること。

(3) 公印の管守に関すること。

(4) 資産の取得、管理及び処分に関すること。

(5) 物品の調達、管理及び処分に関すること。

(6) 職員の任免、給与、服務、身分等に関すること。

(7) 経営に係る企画、調査、統計及び経営分析に関すること。

(8) 企業債及び一時借入金に関すること。

(9) 上下水道事業経営審議会に関すること。

(10) 広報活動に関すること。

(11) 予算及び決算に関すること。

(12) 出納その他会計事務に関すること。

(13) 業務状況の公表に関すること。

(14) 出納取扱金融機関及び収納取扱金融機関に関すること。

(15) 電子計算処理組織の総括管理に関すること。

(16) 入札参加者の登録並びに入札及び契約に関すること。

(17) 建設工事請負業者選定委員会に関すること。

(18) 課の庶務に関すること。

(19) その他他の係の所掌に属しないこと。

料金係

(1) 水道及び下水道の使用開始及び休止に関すること。

(2) 水道及び下水道使用者の異動把握及び整理に関すること。

(3) 水道料金、下水道使用料及び個別排水処理施設使用料に関すること。

(4) 下水道事業受益者負担金及び個別排水処理施設受益者分担金の賦課及び徴収に関すること。

(5) 水道使用量の検針及び認定に関すること。

(6) 異常水量の認定に関すること。

水道係

(1) 水道事業の計画及び認可に関すること。

(2) 水道工事に係る調査、設計及び施工に関すること。

(3) 配水管等の受託工事に関すること。

(4) 災害用緊急資材の保管に関すること。

(5) 浄水場の維持管理に関すること。

(6) 水源池、取水池及び配水池の維持管理に関すること。

(7) 給水管、配水管等の維持管理に関すること。

(8) 水質の保全及び水質検査に関すること。

簡易水道係

(1) 簡易水道事業の計画及び認可に関すること。

(2) 簡易水道に関する水道工事に係る調査、設計及び施工に関すること。

(3) 簡易水道に関する配水管等の受託工事に関すること。

(4) 簡易水道に関する災害用緊急資材の保管に関すること。

(5) 簡易水道に関する浄水場の維持管理に関すること。

(6) 簡易水道に関する水源池、取水池及び配水池の維持管理に関すること。

(7) 簡易水道に関する給水管、配水管等の維持管理に関すること。

(8) 簡易水道に関する水質の保全及び水質検査に関すること。

給排水係

(1) 給水装置工事承認申込みに係る審査及び検査に関すること。

(2) 排水設備工事計画確認申請に係る審査及び検査に関すること。

(3) 指定給水装置工事事業者及び排水設備指定工事業者に関すること。

(4) 排水設備改造資金の融資に関すること。

(5) 給水工事に係る負担金及び手数料に関すること。

(6) 量水器の整備計画及び実施に関すること。

(7) 量水器の維持及び補修に関すること。

(8) 量水器台帳の整理に関すること。

(9) 量水器の保管に関すること。

(10) 特定施設、除害施設及び流入水質の規制に関すること。

下水道係

(1) 下水道事業の計画及び認可に関すること。

(2) 下水道工事に係る調査、設計及び施工に関すること。

(3) 下水道施設及び個別排水処理施設の維持管理に関すること。

(4) 個別排水処理施設の設置に関すること。

(5) 下水道受益者負担金及び個別排水処理施設受益者分担金の調整に関すること。

(6) 下水道の水質の保全及び水質検査に関すること。

(7) 下水道の普及促進に関すること。

(8) 下水道台帳に関すること。

別表第3(第9条関係)

部次長の専決事項

(1) 現金の支出を伴う1件金額300万円未満(建設事業費にあっては1件金額100万円未満とし、交際費を除く。)の支出負担行為及び支出命令

(2) 所属の課長及び参事の町内及び十勝管内の出張命令

課長及び参事の専決事項

(1) 副申を要しない文書の経由進達

(2) 軽易な文書の照会及び回答

(3) 現金の支出を伴う1件金額100万円未満(交際費を除く。)の支出負担行為及び支出命令

(4) 1件金額5万円未満(職員給与費及び交際費を除く。)の支出の流用

(5) 給料、手当、法定福利費、報酬、費用弁償、光熱水費、燃料費、通信運搬費、薬品費、動力費並びに企業債及び一時借入金の償還に係る支出負担行為及び支出命令

(6) 預り金の支出命令

(7) 返納命令

(8) 不動産その他財産権の登記又は登録

(9) 収入の調定

(10) 水道料金、下水道使用料、手数料その他の費用の減免(重要又は異例のものを除く。)

(11) 物品の管理及び処分

(12) 車両の運行管理

(13) 時間外勤務命令

(14) 所属職員の町内及び十勝管内の出張命令

(15) 外勤命令

(16) 公印の管理

(17) 給水装置工事及び排水設備工事の承認

(18) 水道料金、下水道使用料、手数料その他の費用の納入通知書及び督促の発行

(19) 過誤納金の還付

(20) 所属職員の年次有給休暇及び特別休暇の処理、週休日の振替え並びに代休日及び代休時間の指定

(21) 前各号のほか定例に属し、かつ、軽易な事項の処理

(22) 現金の支出を伴わない振替収支の決定

別表第4(第11条関係)

決裁事項

代決を行うことができる者

第1次

第2次

管理者の決裁事項

主務の部次長

主務の課長又は参事

部次長の決裁事項

主務の課長又は参事

主務の課長補佐又は主幹(担当主幹を含む。以下同じ。)

課長又は参事の決裁事項

主務の課長補佐又は主幹

主務の係長又は主査(担当主査を含む。)

別表第5(第14条関係)

公印の名称

形状

寸法(ミリメートル)

個数

使用区分

保管課等

保管責任者

音更町公営企業管理者印

正方形

18

1

一般公文書

上下水道課

上下水道課長

音更町公営企業管理者職務代理者印

18

1

音更町上下水道事業企業出納員印

18

1

出納事務

別表第6(第16条関係)

区分

記号

法規文書

管理規程

音更町上下水道事業規程

令達文書

訓令

音更町上下水道事業訓令

指令

音更町上下水道事業指令

公示文書

告示

音更町上下水道事業告示

一般文書

音上下水発

別表第7(第18条関係)

職種

品目

員数

貸付期間

漏水修理業務に従事する者

防寒作業服

1

4年

浄水場の管理業務に従事する者

防寒作業服

1

4年

画像

画像

画像

音更町上下水道事業の運営に関する規程

平成24年3月29日 上下水道事業規程第1号

(令和6年4月1日施行)

体系情報
第11編 上下水道/第1章 通則・処務等
沿革情報
平成24年3月29日 上下水道事業規程第1号
平成26年4月23日 上下水道事業規程第2号
平成28年3月31日 上下水道事業規程第2号
平成28年10月31日 上下水道事業規程第4号
平成29年5月2日 上下水道事業規程第2号
平成29年12月1日 上下水道事業規程第3号
平成30年3月30日 上下水道事業規程第1号
平成30年7月6日 上下水道事業規程第3号
令和2年3月25日 上下水道事業規程第1号
令和4年3月31日 上下水道事業規程第5号
令和5年4月28日 上下水道事業規程第1号
令和6年3月29日 上下水道事業規程第4号