○音更町長の職務代理者設置規程

平成25年3月29日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この訓令は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第152条の規定による町長の職務を代理する場合における町長の職務を代理する者(法令の定めにより町長がその職務を行うことができない場合における職務代理を除く。以下「職務代理者」という。)の設置基準等を定めるものとする。

(設置基準)

第2条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、職務代理者を設置するものとする。

(1) 町外に旅行し、長期にわたり各種通信手段を使用することができない場合

(2) 病気その他の事由によりその職務を自ら行うことができない場合

2 町長が欠けたとき又は前項の規定により職務代理者を設置する場合において、町長が自ら設置することが困難と認められるときは、副町長が職務代理者を設置するものとする。

3 前項の場合において、副町長が第1項各号に該当するとき又は欠けたときは、町長の職務を代理する職員を定める規則(平成12年音更町規則第26号)の規定に基づき職務代理者となるべき者が職務代理者を設置するものとする。

(告示)

第3条 町長は、職務代理者を設置しようとするときは、職務代理者の氏名、設置期間及び設置理由について告示するものとする。ただし、町長が自ら告示することが困難であると認められるときは、職務代理者が告示するものとする。

2 前項ただし書の場合において、職務代理者の設置期間を設けることが困難であると認められるときは、当該設置期間について告示しないことができる。

(関係機関への通知)

第4条 職務代理者は、次に掲げる機関に対し、前条に規定する告示の内容について通知するものとする。

(1) 十勝総合振興局

(2) 十勝町村会

(3) 帯広市及び十勝総合振興局管内町村

(公文書等の取扱い)

第5条 職務代理者を設置したときは、町長名で作成する全ての公文書、諸証明書、各種契約書等については、職務代理者名でこれを行うものとする。

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

音更町長の職務代理者設置規程

平成25年3月29日 訓令第4号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第2節 代理・代決等
沿革情報
平成25年3月29日 訓令第4号