○音更町立保育園条例施行規則

平成27年3月30日

規則第13号

音更町立保育園条例施行規則(平成24年音更町規則第5号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、音更町立保育園条例(平成27年音更町条例第8号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において使用する用語の意義は、条例において使用する用語の例による。

(開園時間)

第3条 保育園の開園時間は、午前7時から午後7時までとする。ただし、町長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(保育の内容)

第4条 保育園における保育は、音更町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営の基準に関する条例(平成26年音更町条例第16号)第15条第1項第4号に定める方針に基づき実施するものとする。

(保育料)

第5条 町長は、入園児の年齢及び入園児の保護者に係る町民税の課税の有無又は課税の多寡に応じて基本保育料を徴収することとし、その額は、音更町子ども・子育て支援法施行規則(平成27年音更町規則第16号)の規定により定める額とする。

2 基本保育料の納付期限は、月の末日とする。ただし、12月は、同月25日とする。

3 基本保育料の額の決定等に係る通知、減免等については、音更町子ども・子育て支援法施行規則に定める利用者負担額の例による。

第6条 町長は、延長保育(通常の保育時間を超えて行う保育をいう。以下同じ。)を行った場合は、延長保育料を徴収することとし、その額は、次の表に定めるとおりとする。

区分

延長保育料の額

月の上限額

保育標準時間に区分されている入園児

30分当たり100円

4,000円

保育短時間に区分されている入園児

保育標準時間内のものにあっては30分当たり50円、保育標準時間を超えるものにあっては、30分当たり100円

4,000円

2 延長保育料の納付期限は、延長保育を行った月の翌月の10日とする。

(給食費)

第7条 町長は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第19条第2号に掲げる小学校就学前子ども(保育のあった月の属する年度の4月1日において満3歳以上の者に限る。)に該当する児童に対し、食事を提供する場合は、給食費を徴収することとする。

2 給食費の額は、次の各号に掲げる提供する食事の区分に応じ、当該各号に定める額の合計とする。

(1) 主食の提供に要する実費相当額(以下「主食費」という。) 月額800円

(2) 副食の提供に要する実費相当額(以下「副食費」という。) 月額4,500円

3 前項の規定にかかわらず、次に掲げる児童については、副食費を免除する。

(1) 扶養義務者及び扶養義務者と同一の世帯に属する者に係る市町村民税所得割合算額が57,700円(扶養義務者が子ども・子育て支援法施行令(平成26年政令第213号)第4条第2項第6号に規定する特定教育・保育給付認定保護者である場合にあっては、77,101円)未満である児童

(2) 子ども・子育て支援法施行令第13条第2項に規定する負担額算定基準子どもが同一の世帯に3人以上いる場合の負担額算定基準子どものうち最年長者及び2番目の年長者以外の児童

4 町長は、前項の規定により副食費を免除する場合は、児童の扶養義務者に対し、その旨を通知するものとする。

5 給食費の納付期限は、給食を提供する月の前月の25日とする。

6 月の途中で利用を開始し、又は終了した場合における給食費は、第2項の規定にかかわらず、同項の給食費の額にその月の在籍期間(利用を開始した日が当該月の最初の開所日である場合にあっては当該月の初日を利用開始日として、利用を終了した日が当該月の最後の開所日である場合にあっては当該月の末日を利用終了日として計算した期間。次項において同じ。)における開所日数を乗じて得た額を25で除して得た額(10円未満の端数がある場合は、当該端数を切り捨てた額)とする。

7 児童がやむを得ず欠席し、給食の提供を受けなかった日(5開所日前までに町長に届出があった場合に限る。)が、6開所日以上連続した場合(病後児保育事業を利用した日を除く。)における給食費の月額は、第2項及び前項の規定にかかわらず、給食費にその月の開所日数(月の途中で利用を開始し、又は終了した場合にあっては、その月の在籍期間における開所日数)から当該連続した6開所日以上の給食の提供を受けなかった日数を除いた日数を乗じて得た額を25で除して得た額(10円未満の端数がある場合は、当該端数を切り捨てた額)とする。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか保育園の運営に関し必要な事項は、町長が別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

(音更町行政組織規則の一部改正)

2 音更町行政組織規則(平成11年音更町規則第14号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(平成27年8月28日規則第30号)

(施行期日)

1 この規則は、平成27年9月1日から施行する。

(平成27年10月9日規則第34号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(平成28年3月31日規則第18号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(平成28年4月26日規則第22号)

この規則は、平成28年6月1日から施行する。

(平成31年3月7日規則第5号)

(施行期日)

1 この規則は、平成31年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成31年3月31日までに町内において特例保育を受け、かつ、平成31年4月1日以降引き続き音更町へき地保育所条例(平成27年音更町条例第9号)に定める音更町立へき地保育所において特定地域型保育を受ける者に係る支給認定保護者の利用者負担額については、平成31年4月1日から当該特定地域型保育を受ける者が音更町立へき地保育所を退所する日までの間は、なお従前の例による。ただし、平成31年4月1日後に退所し、再入所する場合は、この限りでない。

(令和元年8月30日規則第26号)

(施行期日)

1 この規則は、令和元年10月1日から施行する。

(令和5年7月3日規則第15号)

この規則は、公布の日から施行し、令和5年4月1日から適用する。

音更町立保育園条例施行規則

平成27年3月30日 規則第13号

(令和5年7月3日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童福祉等
沿革情報
平成27年3月30日 規則第13号
平成27年8月28日 規則第30号
平成27年10月9日 規則第34号
平成28年3月31日 規則第18号
平成28年4月26日 規則第22号
平成31年3月7日 規則第5号
令和元年8月30日 規則第26号
令和5年7月3日 規則第15号