○尾張旭市広報発行規程

昭和49年4月16日

規程第9号

(目的)

第1条 この規程は、市行政各般の事項を報道するため、広報を発行するに必要な事項を定めることを目的とする。

(広報掲載事項)

第2条 広報は、次に掲げる事項を掲載するものとする。

(1) 市政全般の普及・宣伝及び報道に関すること。

(2) 市政について市民に周知又は協力を必要とすること。

(3) 市政に対する民意に関すること。

(4) その他広報上必要と認めること。

(編集及び発行)

第3条 広報は、企画部情報課において編集発行する。

2 広報の編集については、事項の性質、分量その他を考慮して行う。

(広報編集員)

第4条 各課、議会事務局、教育委員会事務局及び消防本部に広報編集員を各1名置く。

2 広報編集員は、前項の所属の長が所属職員のうちから選任し、情報課長へ報告するものとする。

(広報編集員会議)

第5条 広報事務の円滑な運営を図るため広報編集員の会議(以下「広報編集員会議」という。)を必要に応じ随時開くものとする。

2 広報編集員会議は、情報課長が招集し、主宰する。

(広報編集員の事務)

第6条 広報編集員は、第2条に定める事項を報道するため企画部情報課と連絡を密にし、それぞれ主管の事務に係る広報に掲載する必要があると認められる事項の原稿を整理し、広報発行日の15日前までに情報課長へ提出しなければならない。ただし、緊急を要するときは、資料等の提出をもつてこれに代えることができる。

2 広報編集員は、前項に定めるもののほか情報課長が必要と認めた事項について、その求めに応じ協力しなければならない。

(発行日)

第7条 広報の発行日は、毎月1日、15日とする。

2 特別の事情があるときは、広報を臨時に発行し、又は休刊することができる。

(広報の配布)

第8条 広報は、発行の都度市内各世帯に配布するほか、市長が必要と認めたものに配布する。

附 則

1 この規程は、公布の日から施行する。

2 尾張旭市広報規程(昭和33年規程第1号)は、廃止する。

附 則(昭和53年3月31日訓令第3号)

この訓令は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年12月28日訓令第15号)

この訓令は、昭和54年1月1日から施行する。

附 則(昭和61年3月28日訓令第1号)

この訓令は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成4年3月31日訓令第1号)

この訓令は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月28日訓令第2号)

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月28日訓令第4号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

尾張旭市広報発行規程

昭和49年4月16日 規程第9号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第1類 規/第2章
沿革情報
昭和49年4月16日 規程第9号
昭和53年3月31日 訓令第3号
昭和53年12月28日 訓令第15号
昭和61年3月28日 訓令第1号
平成4年3月31日 訓令第1号
平成15年3月28日 訓令第2号
平成20年3月28日 訓令第4号