○尾張旭市議会事務局規程

昭和54年6月1日

議会訓令第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、尾張旭市議会事務局(以下「事務局」という。)の組織及び事務の処理について必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 事務局に議事課を置き、議事課に次の係を置く。

庶務係 議事係

(庶務係の事務分掌)

第3条 庶務係の事務分掌は、次のとおりとする。

(1) 議員の身分、議員報酬及び費用弁償に関すること。

(2) 儀式及び交際に関すること。

(3) 職員の人事服務及び給与に関すること。

(4) 議長会及び事務協議会に関すること。

(5) 文書の収受、発送及び整理保存に関すること。

(6) 公印の保管に関すること。

(7) 議場及び議会関係各室の整理及び取締りに関すること。

(8) 議会図書の整備及び管理に関すること。

(9) 議会に関する条例、規則等の制定改廃に関すること。

(10) 議会費の予算及び経理事務に関すること。

(11) 物品の購入及び整理保管に関すること。

(12) 議決及び決定事項の処理に関すること。

(13) その他議事係の所掌に属しないこと。

(議事係の事務分掌)

第4条 議事係の事務分掌は、次のとおりとする。

(1) 本会議、各種委員会及び協議会に関すること。

(2) 議員提出議案、請願、陳情、意見書等に関すること。

(3) 会議録、その他会議記録の調整保管に関すること。

(4) 議員の出欠席に関すること。

(5) 公聴会に関すること。

(6) 傍聴人に関すること。

(7) 議案の審議に必要な資料の調整に関すること。

(8) 各種調査資料の収集に関すること。

(9) 議会の広報に関すること。

(10) その他議事に関すること。

(職制)

第5条 課に課長、係に係長を置く。

2 前項に定めるもののほか、必要があるときは、事務局に事務局次長、課に課長補佐を置くことができる。

(書記の職及びその職務)

第6条 書記の職及びその職務は、次のとおりとする。

(1) 事務局次長 上司の命を受け、その所管に属する事務を処理するとともに、当該事務について事務局長を補佐する。

(2) 課長 上司の命を受け、課の事務を処理し、職員を指揮監督する。

(3) 課長補佐 上司の命を受け、その所管に属する事務を処理するとともに、課長を補佐し、必要あるときは、これを代理する。

(4) 係長 上司の命を受け、係の事務を処理する。

(5) 主査 係長を補助するとともに上司の命を受け、事務を処理する。

(6) 主事 上司の命を受け、事務をつかさどる。

(7) 主事補 上司の命を受け、事務に従事する。

(事務局長の職務代理)

第7条 事務局長に事故あるときは、その事務を処理する事務局次長(事務局次長に事故あるとき、事務局次長の所管に属しない事務のとき又は事務局次長を置かないときは、課長)がその職務を代理する。

(決裁規程の準用)

第8条 事務局の決裁については、尾張旭市決裁規程(昭和37年規程第1号)の例による。この場合において「部長」とあるのは「事務局長」と、「部次長」とあるのは「事務局次長」と読み替えるものとする。

(その他の準用)

第9条 事務局の事務の処理その他処務、職員の服務等については、別に定めるもののほか、市長の事務部局の例による。

附 則

1 この訓令は、昭和54年6月1日から施行する。

2 この訓令施行の際、現に事務局の職員の職に補され、又は命ぜられている者は、別に辞令を発せられない限り、それぞれこの訓令による相当の職に補し、又は命ぜられたものとする。

3 尾張旭市議会事務局処務規程(昭和46年規程第2号)は、廃止する。

附 則(昭和62年6月16日議会訓令第1号)

この訓令は、昭和62年6月16日から施行する。

附 則(平成9年3月31日議会訓令第1号)

この訓令は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成10年3月30日議会訓令第1号)

この訓令は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日議会訓令第2号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

尾張旭市議会事務局規程

昭和54年6月1日 議会訓令第1号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第2類 議会・選挙・監査/第1章
沿革情報
昭和54年6月1日 議会訓令第1号
昭和62年6月16日 議会訓令第1号
平成9年3月31日 議会訓令第1号
平成10年3月30日 議会訓令第1号
平成20年9月5日 議会訓令第1号
平成23年3月31日 議会訓令第2号