○尾張旭市議会公印規程

昭和46年3月31日

規程第3号

(目的)

第1条 この規程は、尾張旭市議会の公印について必要な事項を定めることを目的とする。

(公印の種類等)

第2条 公印の種類、形式、寸法、用途は、別表のとおりとする。

(公印の保管)

第3条 公印の保管は、課長(以下「保管者」という。)が行う。

2 公印は確実に保管しなければならない。

3 公印は保管者の承認を受けた場合のほか、所定の保管場所以外持出してはならない。

4 公印の保管者は、別記様式の公印台帳を備え公印の新調、改刻、廃止、その他必要な事項を記載しなければならない。

(公印の新調及び改刻等)

第4条 公印の保管者は公印を新調し、改刻し、又は廃止しようとするときは議長の承認を受けなければならない。

2 公印の保管者は、公印の盗難、紛失、偽造等の事故があつたときは、直ちにその旨議長に届け出なければならない。

(公印の使用)

第5条 公印を使用しようとする者は、決裁済みの起案書又は、これに代わるべき書類に押印すべき文書を添えて保管者に提示し審査を受けた後押印するものとする。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和62年6月16日議会訓令第2号)

この訓令は、昭和62年6月16日から施行する。

附 則(平成元年3月29日議会訓令第1号)

この訓令は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成10年3月30日議会訓令第2号)

この訓令は、平成10年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

公印の種類

形式

寸法

(ミリメートル)

用途

議長印

画像

21×21

一般文書用

議長印

画像

29×29

表彰用

副議長印

画像

21×21

一般文書用

議会印

画像

21×21

一般文書用

事務局長印

画像

21×21

一般文書用

画像

尾張旭市議会公印規程

昭和46年3月31日 規程第3号

(平成10年4月1日施行)

体系情報
第2類 議会・選挙・監査/第1章
沿革情報
昭和46年3月31日 規程第3号
昭和62年6月16日 議会訓令第2号
平成元年3月29日 議会訓令第1号
平成10年3月30日 議会訓令第2号