○尾張旭市公平委員会公印規則

昭和48年8月1日

公平委員会規則第4号

(目的)

第1条 尾張旭市公平委員会の公印について必要な事項は、別に定めるもののほか、この規則の定めるところによる。

(公印の形式)

第2条 公印は、朱印とし、その文字、形式寸法及び用途は、別表のとおりとする。

(公印の管守)

第3条 公印の運用及び保管は、総務部総務課長(以下「総務課長」という。)が行う。

2 公印は、常に堅固な容器に納め、勤務時間外、勤務を要しない日及び休日にあつては、封印又は施錠しておかなければならない。

(公印台帳)

第4条 総務課長は、公印台帳(第1号様式)を作成し、全ての公印について作成若しくは改刻又は廃棄等の都度必要な事項を登載しなければならない。

(作成及び改刻)

第5条 公印を作成し、又は改刻しようとするときは、公平委員会委員長の決裁を得なければならない。

(廃止及び廃棄)

第6条 改刻その他の理由により使用しなくなつた公印は、管守者が使用を廃止した日から10年間保存しなければならない。

2 前項の保存期間が経過した公印は、管守者が焼却又は裁断の方法により廃棄しなければならない。

(公示)

第7条 公印を作成し、若しくは改刻したとき、又は公印の使用を廃止したときは、公平委員会が印影を付けてその旨を公示しなければならない。

(模造公印)

第8条 処務の便宜のため公印の印刷用凸版(以下「模造公印」という。)の作成又は改刻については、第5条から前条までの規定を準用する。

2 前項に規定する模造公印は、総務課長において管守しなければならない。

(使用)

第9条 公印を使用しようとする者は、必ず決裁原議その他の証拠書類を添えて管守者に申し出なければならない。

2 管守者は、前項による公印使用の申出のあつたときは、決裁原議その他の証拠書類と対照審査し、相違ないことを確認の上、公印使用簿(第2号様式)に記入しなければならない。

3 管守者は、前項に規定する審査及び公印を押す事務を指定する職員に行わせることができる。

附 則

この規則は、昭和48年8月1日から施行する。

附 則(昭和57年3月29日公平委規則第1号)

この規則は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年3月30日公平委規則第1号)

この規則は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(平成7年3月31日公平委規則第1号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成15年4月1日公平委規則第2号)

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成28年4月13日公平委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の尾張旭市公平委員会公印規則の規定は、平成28年4月1日から適用する。

附 則(令和3年3月31日公平委規則第1号)

この規則は、令和3年4月1日から施行する。

別表

公印名

形式

寸法ミリメートル

用途

管守者

備考

尾張旭市公平委員会印

画像

20×20

一般文書用

総務課長


尾張旭市公平委員会委員長印

画像

20×20

一般文書用

総務課長


画像

画像

尾張旭市公平委員会公印規則

昭和48年8月1日 公平委員会規則第4号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第4類 事/第6章 公平委員会
沿革情報
昭和48年8月1日 公平委員会規則第4号
昭和57年3月29日 公平委員会規則第1号
昭和59年3月30日 公平委員会規則第1号
平成7年3月31日 公平委員会規則第1号
平成15年4月1日 公平委員会規則第2号
平成28年4月13日 公平委員会規則第3号
令和3年3月31日 公平委員会規則第1号