○尾張旭市職員被服貸与規程

昭和46年7月1日

訓令第1号

(目的)

第1条 この規程は、尾張旭市職員定数条例(昭和32年条例第1号)第1条に規定する職員(消防職員を除く。以下「職員」という。)の職務執行に必要な被服の貸与に関する事項を定めることを目的とする。

(被服の種類等)

第2条 職員に貸与する被服(以下「貸与品」という。)を管理する課等(以下「主管課」という。)及び貸与品の種類等は、別表に定めるところによる。

2 別表による貸与品の全部又は一部を貸与する必要がないと認める場合は、貸与しないことができる。

(貸与期日)

第3条 被服を貸与する期日は、季節の区分なきもの又は夏用のものは5月25日とし、冬用のものにあつては9月25日とする。

(貸与期日後の貸与)

第4条 前条の貸与期日後において新たに被服の貸与を受ける資格を有することとなつた職員に対しては、前条の規定にかかわらず直ちに被服を貸与することができる。この場合における貸与期間は、新たな被服については貸与された日の属する年の貸与期日から起算した貸与期間とし、返納された被服については当該被服の残余期間とする。

(貸与被服台帳)

第5条 主管課の長は、貸与被服台帳(別記様式)を備えなければならない。

(着用期間)

第6条 貸与品に季節の区分がある場合における着用期間は、夏用にあつては毎年6月1日から9月30日まで、冬用にあつては毎年10月1日から翌年5月31日までとする。ただし、特別の事情がある場合はこの限りでない。

(着用制限)

第7条 被服の貸与を受けた職員(以下「被貸与職員」という。)は、その職務を執行する場合のほかは貸与品を着用してはならない。

(管理)

第8条 被貸与職員は、貸与品について善良な管理をし、自費をもつて洗濯及び補修を行わなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、特に必要と認める場合は市費をもつて洗濯をすることができる。

(処分等の禁止)

第9条 被貸与職員は、貸与品を他人に貸与し、又は処分してはならない。

(返納)

第10条 被貸与職員は、退職、転職等により、その被服の貸与を受ける資格を失つたときは貸与品を主管課に返納しなければならない。

(賠償)

第11条 被貸与職員は、善良な管理者としての注意を怠つて貸与品を毀損し、又は亡失したときは、当該貸与品の相当額を賠償しなければならない。

(処分)

第12条 貸与期間が満了した貸与品は、被貸与職員に下附することができる。

2 前項の規定により被服を下附された職員は、当該被服を新たに貸与された被服の予備としてその貸与期間と同一期間保存しなければならない。

(臨時貸与等)

第13条 各課等の長は、当該課等の職員のうち第2条に規定する貸与品以外の被服の着用を必要とする職務に従事するものに、当該職務に必要な被服を臨時に貸与することができる。

2 前項に規定する臨時貸与等には、第7条から前条までの規定を準用する。

附 則

この規程は、昭和46年4月1日から施行する。

附 則(昭和49年3月30日訓令第1号)

この訓令は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年3月31日訓令第7号)

(施行期日)

1 この訓令は、昭和53年4月1日から施行する。

(貸与着数の経過措置)

2 この訓令による改正前の規程に基づき、現に貸与されている者の被服の数量は、改正後の規程による着数の内渡しとみなす。

(貸与年数の経過措置)

3 この訓令施行の際、現に貸与されている貸与品については、この訓令に定めるところにより貸与されたものとみなす。この場合における貸与期間の計算については、当該貸与品を貸与した日から起算するものとする。

附 則(昭和54年3月31日訓令第1号)

1 この訓令は、昭和54年4月1日から施行する。

2 この訓令施行の際、現に貸与されている貸与品については、この訓令の相当規定に基づき貸与されたものとみなし、この場合における貸与期間は、当該貸与品を貸与された日から起算するものとする。

附 則(昭和55年3月31日訓令第8号)

この訓令は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(昭和55年5月6日訓令第12号)

この訓令は、昭和55年5月6日から施行する。

附 則(昭和56年4月1日訓令第3号)

この訓令は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年3月29日訓令第11号)

この訓令は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年5月28日訓令第14号)

この訓令は、昭和57年6月1日から施行する。

附 則(昭和59年3月30日訓令第10号)

この訓令は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年3月31日訓令第9号)

1 この訓令は、昭和61年4月1日から施行する。

2 この訓令施行の際、現に貸与されている貸与品については、この訓令の相当規定に基づき貸与されたものとみなし、この場合における貸与期間は、当該貸与品を貸与された日から起算するものとする。

附 則(昭和62年6月16日訓令第4号)

この訓令は、昭和62年6月16日から施行する。

附 則(昭和63年3月30日訓令第2号)

1 この訓令は、昭和63年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

2 改正後の尾張旭市職員被服貸与規程の規定は、施行日以後に貸与する貸与品について適用し、施行日前に貸与した貸与品については、なお従前の例による。

附 則(平成4年3月31日訓令第13号)

1 この訓令は、平成4年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

2 改正後の尾張旭市職員被服貸与規程の規定は、施行日以後に貸与する貸与品について適用し、施行日前に貸与した貸与品については、なお従前の例による。

附 則(平成6年3月29日訓令第6号)

この訓令は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成6年5月25日訓令第7号)

1 この訓令は、平成6年5月25日(以下「施行日」という。)から施行する。

2 改正後の尾張旭市職員被服貸与規程の規定は、施行日以後に貸与する貸与品について適用し、施行日前に貸与した貸与品については、なお従前の例による。

附 則(平成11年3月31日訓令第5号)

この訓令は、平成11年4月1日から施行する。ただし、環境事業センター及び給水課に係る改正規定は、訓令を発した日から施行する。

附 則(平成12年3月31日訓令第3号)

1 この訓令は、平成12年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

2 改正後の尾張旭市職員被服貸与規程の規定は、施行日以後に貸与する貸与品について適用し、施行日前に貸与した貸与品については、なお従前の例による。

附 則(平成13年3月28日訓令第4号)

この訓令は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月25日訓令第4号)

この訓令は、訓令を発した日から施行する。

附 則(平成15年3月28日訓令第17号)

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成16年2月20日訓令第1号)

この訓令は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月25日訓令第4号)

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日訓令第4号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月31日訓令第7号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月30日訓令第1号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日訓令第3号)

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年9月29日訓令第3号)

この訓令は、平成28年10月1日から施行する。

附 則(令和2年3月30日訓令第2号)

1 この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の際、現に貸与されている貸与品については、この訓令の相当規定に基づき貸与されたものとみなし、この場合における貸与期間は、当該貸与品を貸与された日から起算するものとする。

附 則(令和3年3月31日訓令第2号)

この訓令は、令和3年4月1日から施行する。

附 則(令和3年3月31日訓令第3号)

(施行期日)

1 この訓令は、令和3年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の際、この訓令による改正前の各訓令の規定に基づいて作成されている用紙で、現に残存するものは、この訓令の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

別表(第2条関係)

主管課

対象者の範囲

貸与品

貸与着数

貸与期間

(年)

摘要

各課

技術を必要とする業務に従事する職員(課長以上の職(これに相当する職を含む。)にある職員を除く。)

技術服

冬用

1(2)

随時


秘書課

秘書業務に従事する職員

事務服一式

1(2)

随時


危機管理課

全職員

防災服等一式

1

5


保育課

こども課

保育業務に従事する職員

保育服一式

1(2)

1


保育園における給食業務に従事する職員

調理衣等一式

1

随時


児童厚生施設の業務に従事する職員

業務服

夏用

1(2)

1


冬用

1(2)

3


用務員としての業務に従事する職員

用務員服

1(2)

3


健康課

保健衛生業務に従事する職員

白衣

1

随時


環境課

都市整備課

土木管理課

上水道課

ごみ等収集の業務に従事する職員

土木・水道工事等の現場作業の業務に従事する職員

作業服等一式

夏用

1(3)

1


冬用

1(2)

1


防寒服

1

3


下水道課

浄化センターの業務に従事する職員

業務服

夏用

1(2)

2


冬用

1(2)

3


教育政策課

施設整備の業務に従事する職員

作業服等一式

夏用

1(3)

1


冬用

1(2)

1


防寒服

1

3


学校教育課

給食業務に従事する職員

調理衣等一式

1(2)

1


図書館

図書館の業務に従事する職員

業務服

夏用

1(2)

3


冬用

1(2)

3


備考

1 対象者の範囲が重複する場合は、主たる業務の対象者の範囲を適用する。ただし、◎印の貸与品は重複して貸与することができる。

2 貸与着数欄の( )内の数は、最初に貸与する場合に適用する。

画像

尾張旭市職員被服貸与規程

昭和46年7月1日 訓令第1号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第5類 与/第3章 諸手当
沿革情報
昭和46年7月1日 訓令第1号
昭和49年3月30日 訓令第1号
昭和53年3月31日 訓令第7号
昭和54年3月31日 訓令第1号
昭和55年3月31日 訓令第8号
昭和55年5月6日 訓令第12号
昭和56年4月1日 訓令第3号
昭和57年3月29日 訓令第11号
昭和57年5月28日 訓令第14号
昭和59年3月30日 訓令第10号
昭和61年3月31日 訓令第9号
昭和62年6月16日 訓令第4号
昭和63年3月30日 訓令第2号
平成4年3月31日 訓令第13号
平成6年3月29日 訓令第6号
平成6年5月25日 訓令第7号
平成11年3月31日 訓令第5号
平成12年3月31日 訓令第3号
平成13年3月28日 訓令第4号
平成14年3月25日 訓令第4号
平成15年3月28日 訓令第17号
平成16年2月20日 訓令第1号
平成17年3月25日 訓令第4号
平成18年3月31日 訓令第4号
平成20年3月31日 訓令第7号
平成22年3月30日 訓令第1号
平成25年3月29日 訓令第3号
平成28年9月29日 訓令第3号
令和2年3月30日 訓令第2号
令和3年3月31日 訓令第2号
令和3年3月31日 訓令第3号