○尾張旭市教育委員会公印規則

昭和47年5月29日

教育委員会規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、尾張旭市教育委員会の公印について、必要な事項を定めることを目的とする。

(種類等)

第2条 公印の種類、形式、寸法、用途及び保管者は、別表のとおりとする。

(保管)

第3条 公印は、常に堅固な容器に納め、勤務時間外、勤務を要しない日及び休日にあつては、封印又は、施錠しておかなければならない。

(公印台帳)

第4条 教育行政課長は、公印台帳(第1号様式)を作成し、すべての公印について作成若しくは、改刻又は、廃棄等の都度必要な事項を登載しなければならない。

2 公印の保管者は、その保管する公印に関し、公印台帳登載事項に異動を生じたときは、速やかに教育行政課長に届け出なければならない。

(作成及び改刻)

第5条 公印を作成し、又は改刻しようとするときは、教育委員会教育長(以下「教育長」という。)の決裁を得なければならない。

2 公印の保管者は、前項の規定により公印を作成し又は、改刻したときは、公印作成(改刻)(第2号様式)を教育行政課長に提出しなければならない。

(廃止及び廃棄)

第6条 改刻その他の理由により使用しなくなつた公印は、公印使用廃止届(第3号様式)とともに教育行政課長に引き継がなければならない。

2 引き継ぎを受けた公印は、使用を廃止した日から10年間保存しなければならない。

3 前項の保存期間を経過した公印は、焼却又は、裁断の方法により廃棄しなければならない。

(公示)

第7条 公印を作成し、若しくは改刻したとき、又は公印の使用を廃止したときは、印影をつけてその旨を公示しなければならない。

(使用)

第8条 公印(刷込用の公印を除く。以下この条において同じ。)を使用しようとする者は、公印使用簿(第4号様式)に必要事項を記載し、必ず施行すべき公文書に決裁原議又は証拠書類を添えて公印の保管者に申し出なければならない。

2 公印の保管者は、前項による公印使用の申出があつたときは、施行すべき公文書と決裁原議又は証拠書類と対照審査し、相違ないことを確認のうえ、使用させなければならない。

3 公印の保管者は、前項に規定する審査をその指定する所属職員に行わせることができる。

(押印機器の使用)

第9条 公印の保管者は、事務処理上必要がある場合には、公印の押印に代えて、公印と同一の印影を押印できる自動式押印機器(以下「押印機器」という。)を使用することができる。

2 押印機器の保管及び押印機器に装備する印版については、第5条から第7条までの規定を準用する。

(公印の刷込み等)

第10条 一時に多数印刷をし、かつ公印の押印を必要とする様式等で、公印の印影を刷り込むことが適当であるものについては、公印の押印に代えてその印影又はこれを伸縮した印影を印刷することができる。

2 前項の印刷をしようとする者は、刷込用公印使用承認願(第5号様式)により公印の保管者の承認を受けなければならない。

3 前項の承認を受けた者は、公印を印刷した様式(以下「公印刷込用紙」という。)を厳重に保管するとともに、公印刷込用紙使用簿(第6号様式)により使用状況を明確にし、不用となつたときは焼却、裁断等適当な方法により廃棄しなければならない。

(事故の届出)

第11条 公印の保管者は、その保管する公印について盗難、紛失、破損等の事故があつたときは、直ちに公印事故届(第7号様式)により教育長に届け出なければならない。

2 公印刷込用紙の保管者は、公印刷込用紙に盗難、紛失等の事故があつたときは、直ちにその旨を公印の保管者に届け出なければならない。

附 則

この規則は、昭和47年6月1日から施行する。

附 則(昭和52年4月1日教委規則第1号)

この規則は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(昭和54年11月26日教委規則第8号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則施行の際、現に使用されている公印のうち別表に表示されている寸法と異なる公印は、改正後の尾張旭市公印規則の規定にかかわらず当分の間これを使用することができる。

附 則(昭和59年4月20日教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和60年3月27日教委規則第6号)

この規則は、昭和60年4月1日から施行する。

附 則(平成7年3月31日教委規則第2号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月29日教委規則第3号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成27年2月27日教委規則第2号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第76号)附則第2条第1項の場合においては、この規則による改正後の次の各号に掲げる規定は適用せず、この規則による改正前の当該各号に掲げる規定は、なおその効力を有する。

(1)から(5)まで 

(6) 第6条の規定

附 則(平成27年8月20日教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

公印の種類

形式

寸法ミリメートル

用途

保管者

委員会印

画像

21×21

一般文書用

教育行政課長

教育長印

画像

21×21

一般文書用

教育行政課長

教育長印

画像

29×29

表彰褒賞用

教育行政課長

教育長職務代理者印

画像

21×21

一般文書用

教育行政課長

学校印

画像

24×24

一般文書用

各校長

画像

48×48

証書及び褒賞用

各校長

校長印

画像

21×21

一般文書用

各校長

校長職務代理者印

画像

21×21

一般文書用

各教頭

学校以外の教育機関の印

画像

21×21

一般文書用

学校以外の各教育機関の長

学校以外の教育機関の長印

画像

21×21

一般文書用

学校以外の各教育機関の長

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

尾張旭市教育委員会公印規則

昭和47年5月29日 教育委員会規則第1号

(平成27年8月20日施行)

体系情報
第7類 育/第1章 教育委員会
沿革情報
昭和47年5月29日 教育委員会規則第1号
昭和52年4月1日 教育委員会規則第1号
昭和54年11月26日 教育委員会規則第8号
昭和59年4月20日 教育委員会規則第4号
昭和60年3月27日 教育委員会規則第6号
平成7年3月31日 教育委員会規則第2号
平成14年3月29日 教育委員会規則第3号
平成27年2月27日 教育委員会規則第2号
平成27年8月20日 教育委員会規則第4号