○尾張旭市社会教育委員に関する規則

昭和50年10月31日

教育委員会規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、尾張旭市社会教育委員条例(昭和50年条例第20号)に定めるもののほか必要な事項を定めることを目的とする。

(組織)

第2条 尾張旭市社会教育委員(以下「委員」という。)が職務を遂行するために尾張旭市社会教育委員会(以下「委員会」という。)を組織する。

2 委員会には、委員の互選により委員長、副委員長をおき、その任期は、2年とする。

3 委員長は、委員会を代表し、会議の議長となる。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(招集)

第3条 委員会は、委員長が必要に応じて招集する。

(会議)

第4条 委員会は、委員の総数の2分の1以上の出席がなければ会議を開くことはできない。

2 議事は、出席委員の過半数でこれを決する。可否同数のときは、委員長の決するところによる。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

尾張旭市社会教育委員に関する規則

昭和50年10月31日 教育委員会規則第3号

(昭和50年10月31日施行)

体系情報
第7類 育/第4章 社会教育
沿革情報
昭和50年10月31日 教育委員会規則第3号