○尾張旭市立公民館の管理運営に関する規則

昭和54年3月30日

教育委員会規則第4号

目次

第1章 総則(第1条)

第2章 公民館の使用(第2条―第14条)

第3章 公民館運営審議会(第15条―第17条)

第4章 補則(第18条・第19条)

附則

第1章 総則

(目的)

第1条 この規則は、尾張旭市立公民館の設置及び管理に関する条例(昭和54年条例第4号。以下「条例」という。)の規定に基づき、尾張旭市立公民館(以下「公民館」という。)の管理運営について必要な事項を定めることを目的とする。

第2章 公民館の使用

(開館時間)

第2条 公民館の開館時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、館長が特別の理由があると認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第3条 公民館の休館日は、1月1日から同月3日まで及び12月29日から同月31日までとする。ただし、館長が特に必要があると認めるときは、これを変更し、又は臨時に休館することができる。

(使用許可申請の手続)

第4条 公民館を使用しようとする者は、公民館使用許可申請書(以下「申請書」という。第1号様式(尾張旭市中央公民館にあつては、第1号様式の2))を、使用しようとする日(以下「使用日」という。)の3月前の日の属する月の1日から使用日までに館長に提出しなければならない。ただし、館長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

2 前項の規定にかかわらず、教育委員会が別に指定する施設については、あらかじめ施設予約システム(尾張旭市立公民館施設予約システムの利用手続に関する規則(平成19年教育委員会規則第2号。以下「システム規則」という。)第2条第2号に規定するシステムをいう。以下同じ。)の利用者登録及び公民館施設使用者登録をした上で、使用日の4月前の日の属する月の1日から15日までにあつては抽せんにより、使用日の3月前の日の属する月の1日から使用日までにあつては申請書の提出の順位により、使用許可の申請をすることができる。

3 前項に規定する抽せんは、施設予約システムによつて行うものとする。

4 第2項に規定する抽せんは、使用日の4月前の日の属する月の16日に行い、その結果は申請者が確認するものとする。

5 第2項に規定する抽せんに当せんしたものは、使用日の4月前の日の属する月の18日から25日までの間に、使用の確定をしなければならない。

6 施設予約システムの利用者登録及び公民館施設使用者登録に関する手続については、システム規則第3条から第7条までの規定を準用する。

7 第1項及び第2項の規定にかかわらず、施設の使用許可については、システム規則に定めるところにより、施設予約システムを利用して申請をすることができる。

8 館長は、第1項の規定による申請書を受理したときは、その使用目的及び内容を検討し適当と認めるものには、公民館使用許可書(以下「許可書」という。第2号様式(尾張旭市中央公民館にあつては、第2号様式の2))を交付する。

(使用料の納付)

第4条の2 条例第11条に規定する使用料は、次に掲げる期日までに納入しなければならない。

(1) 抽せんによる場合 前条第5項に規定する使用の確定をした日から7日以内

(2) 申請の順位による場合 申請の日

(使用変更許可申請の手続)

第5条 公民館の使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が、使用許可の内容を変更しようとするときは、公民館使用変更許可申請書(第3号様式)に許可書を添えて館長に提出し、改めてその許可を受けなければならない。

(使用許可取消申請の手続)

第6条 使用者が、公民館の使用の取消しをしようとするときは、公民館使用取消届(第4号様式)に許可書を添えて速やかに館長に提出しなければならない。

(特別の設備の申請)

第7条 条例第6条ただし書きの規定による許可を受けようとする者は、特別の設備の内容及び図面を館長に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第8条 条例第12条ただし書の規定により使用料の還付を受けようとする者は、公民館使用料還付請求書(第5号様式)を市長に提出しなければならない。

(許可書の提示)

第9条 使用者は、公民館の使用開始及び終了時に、職員に許可書を提示しなければならない。

(使用者の遵守事項)

第10条 使用者は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 収容人員を超えて入場させないこと。

(2) 火災及び盗難の防止に努めること。

(3) 公民館内外の秩序を保つため必要に応じて整理員を置くこと。

(4) 職員の指示に従うこと。

(5) 入館者に次条各号に掲げる事項を守らせること。

(6) その他管理上必要と認めて禁止したこと。

(入館者の遵守事項)

第11条 公民館に入館した者は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 所定の場所以外で喫煙及び火気の使用をしないこと。

(2) 公民館を不潔にしないこと。

(3) 騒音を発し、又は暴力を用いる等他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(4) 所定の場所以外に出入りしないこと。

(5) 許可なくして物品の販売、展示及び金品の寄付募集又はこれらに類する行為をしないこと。

(6) 許可なくして広告物等の掲示及び配布をしないこと。

(7) その他館長の指示すること。

(き損等の届出)

第12条 使用者及び入館者は、施設及び附属設備等をき損し、又は滅失したときは、直ちに館長に届け出て、指示を受けなければならない。

(入館の制限)

第13条 館長は、次の各号のいずれかに該当する者に対し入館の拒否又は退去を命ずることができる。

(1) 他人に危害を及ぼし、又は他人の迷惑となる物品を所持し、若しくは動物の類を携行した者

(2) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認める者

(3) その他管理上支障があると認める者

(職員の立入り)

第14条 職員は、公民館の管理上必要があるとき、使用場所ヘ立ち入ることができる。

第3章 公民館運営審議会

(委員長及び副委員長)

第15条 尾張旭市公民館運営審議会(以下「審議会」という。)に委員長及び副委員長を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 委員長は、審議会を代表し、会議の議長となる。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるとき、又は欠けたときは、その職務を代理する。

(招集)

第16条 審議会は、委員長が招集する。

(会議)

第17条 審議会の会議は、委員の過半数が出席しなければ開くことができない。

2 会議の議事は、出席委員の過半数をもつて決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

第4章 補則

(利用促進)

第18条 教育長は、公民館の利用促進を図るため、必要な措置を講ずることができる。

(委任)

第19条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が定める。

附 則

この規則は、昭和54年4月1日から施行する。

附 則(昭和56年3月27日教委規則第3号)

この規則は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年3月29日教委規則第2号)

この規則は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年3月28日教委規則第1号)

この規則は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年4月1日教委規則第4号)

この規則は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(昭和63年3月30日教委規則第2号)

この規則は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成3年4月1日教委規則第4号)

この規則は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成4年12月11日教委規則第4号)

この規則は、平成5年1月1日から施行する。

附 則(平成14年1月21日教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年3月5日教委規則第3号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 改正後の尾張旭市立公民館の管理運営に関する規則の規定は、平成16年7月1日以後の使用の許可を受ける者に係るものから適用し、同日前の使用の許可を受ける者に係るものについては、なお従前の例による。

附 則(平成19年3月23日教委規則第5号)

1 この規則は、平成19年4月11日から施行する。ただし、第4条第2項を同条第8項とし、同条第1項の次に6項を加える改正規定(同条第2項及び第6項に係る部分に限る。)は、同月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現に交付を受けている改正前の第2号様式による尾張旭市中央公民館の使用許可書は、改正後の第2号様式の2による尾張旭市中央公民館使用許可書とみなす。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

尾張旭市立公民館の管理運営に関する規則

昭和54年3月30日 教育委員会規則第4号

(平成19年4月11日施行)

体系情報
第7類 育/第4章 社会教育
沿革情報
昭和54年3月30日 教育委員会規則第4号
昭和56年3月27日 教育委員会規則第3号
昭和57年3月29日 教育委員会規則第2号
昭和61年3月28日 教育委員会規則第1号
昭和62年4月1日 教育委員会規則第4号
昭和63年3月30日 教育委員会規則第2号
平成3年4月1日 教育委員会規則第4号
平成4年12月11日 教育委員会規則第4号
平成14年1月21日 教育委員会規則第1号
平成16年3月5日 教育委員会規則第3号
平成19年3月23日 教育委員会規則第5号