○尾張旭市どうだん亭の管理運営に関する規則

平成11年3月31日

教育委員会規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、尾張旭市どうだん亭の設置及び管理に関する条例(平成11年尾張旭市条例第1号。以下「条例」という。)の規定に基づき、尾張旭市どうだん亭(以下「どうだん亭」という。)の管理運営について必要な事項を定めるものとする。

(開場時間)

第2条 どうだん亭の開場時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、教育委員会が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(休日)

第3条 どうだん亭の休日は、12月29日から翌年1月3日までとする。ただし、教育委員会が特に必要があると認めるときは、これを変更し、又は臨時に休日を設けることができる。

(使用許可の申請)

第4条 どうだん亭を使用しようとする者は、どうだん亭使用許可申請書(以下「申請書」という。第1号様式)を使用日の3月前の日の属する月の1日から3日前までに教育委員会に提出しなければならない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(使用の許可)

第5条 教育委員会は、前条の申請書を受理したときは、その使用目的及び内容を検討し、適当と認めるものにはどうだん亭使用許可書(以下「許可書」という。第2号様式)を交付する。

2 前項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、使用の際、許可書を職員に提示しなければならない。

(使用許可の変更)

第6条 使用者は、使用時間その他許可された内容を変更しようとするときは、どうだん亭使用許可変更申請書(第3号様式)に許可書を添えて教育委員会に提出し、改めてその許可を受けなければならない。

(使用の取消しの届出)

第7条 使用者は、使用の取り消しをしようとするときは、どうだん亭使用取消届(以下「使用取消届」という。第4号様式)に許可書を添えて教育委員会に提出しなければならない。

(特別の設備)

第8条 条例第7条ただし書の規定による許可を受けようとする者は、特別の設備の内容に関する図面等を教育委員会に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第9条 条例第12条ただし書の規定により次の各号のいずれかに該当するときは、納付された使用料に当該各号に掲げる割合を乗じて得た額を還付する。

(1) 天災地変等使用者の責によらない理由により使用することができない場合 100分の100

(2) 使用日の30日前までに使用取消届の提出があった場合 100分の100

(3) 使用日の15日前までに使用取消届の提出があった場合 100分の70

(4) 使用日の5日前までに使用取消届の提出があった場合 100分の50

2 前項に規定する使用料の還付を受けようとする者は、どうだん亭使用料還付請求書(第5号様式)を市長に提出しなければならない。

(遵守事項)

第10条 どうだん亭の入場者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 風俗秩序を乱す行為をしないこと。

(2) 所定の場所以外で飲食し、又は火気を使用しないこと。

(3) 施設内及び敷地内において、喫煙しないこと。

(4) 他人に危害を加え、又は迷惑となる行為をしないこと。

(5) 許可を受けないで物品を展示、販売又はこれに類する行為をしないこと。

(6) 許可を受けないで印刷物等を掲示又は配布しないこと。

(7) その他職員の指示に従うこと。

(き損等の届出)

第11条 入場者は、施設及び附属施設をき損し、又は滅失したときは、直ちに教育委員会に届け出て、指示を受けなければならない。

(職員の立入り)

第12条 職員は、どうだん亭の管理上必要があるときは、使用を許可した施設へ立ち入ることができる。

(委任)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成14年1月21日教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年3月5日教委規則第1号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 改正後の尾張旭市どうだん亭の管理運営に関する規則の規定は、平成16年7月1日以後の使用の許可を受ける者に係るものから適用し、同日前の使用の許可を受ける者に係るものについては、なお従前の例による。

附 則(平成26年5月30日教委規則第1号)

この規則は、平成26年5月31日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

尾張旭市どうだん亭の管理運営に関する規則

平成11年3月31日 教育委員会規則第1号

(平成26年5月31日施行)