○尾張旭市児童クラブ条例

平成14年12月27日

条例第41号

(趣旨)

第1条 この条例は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の3第2項に規定する放課後児童健全育成事業を実施するため、児童クラブを設置し、必要な事項を定めるものとする。

(名称等)

第2条 児童クラブの名称及び実施場所は、別表第1のとおりとする。

(事業)

第3条 児童クラブの事業は、次のとおりとする。

(1) 遊びと生活の場の提供

(2) 遊びを通した集団指導及び生活指導

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事業

(対象児童)

第4条 児童クラブを利用できる者は、市内に住所を有し、小学校に在籍する児童のうち、その保護者のいずれもが次の各号のいずれかに該当することにより当該児童を育成することができないと認められる児童であって、かつ、同居の親族が昼間に当該児童を育成することができないと認められる児童とする。

(1) 昼間就労することを常態としていること。

(2) 疾病又は心身の障害の状態にあること。

(3) 同居の親族を常時介護していること。

(4) 前各号に掲げるもののほか、市長が特に必要があると認めたとき。

(休業日)

第5条 児童クラブの休業日は、次のとおりとする。ただし、市長は、特に必要があると認めたときは、これを変更し、又は臨時に休業日を定めることができる。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年1月3日まで

(利用時間)

第6条 児童クラブの利用時間は、次のとおりとする。

(1) 月曜日から金曜日まで(第3号に掲げる日を除く。) 下校時から午後6時まで

(2) 土曜日 午前7時30分から午後6時まで

(3) 学校の学年始、夏季、冬季及び学年末における休業日 午前7時30分から午後6時まで

2 前項の規定にかかわらず、市長が必要と認めたときは、規則で定めるところにより、午後7時まで利用時間を延長することができる。

3 市長は、特に必要があると認めたときは、前2項に掲げる時間を変更することができる。

(利用の承認)

第7条 児童クラブを利用しようとする児童の保護者は、規則に定めるところにより市長に申請し、承認を受けなければならない。

(利用の不承認)

第8条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、利用の承認をしないことができる。

(1) 児童が疾病その他の事由により集団生活に適さないと認められるとき。

(2) 事業の運営上支障があると認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特に必要があると認めたとき。

(利用の承認の取消し等)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは利用の承認を取消し、又は利用を停止することができる。

(1) 第4条の規定に該当しなくなったとき。

(2) 正当な理由なく長期間にわたって利用がないとき。

(3) 災害その他の理由により施設等の利用ができなくなったとき。

(4) 前各号に掲げるもののほか、市長が特に必要があると認めたとき。

(育成料)

第10条 第7条の規定により承認された児童の保護者は、毎月末日までに別表第2に定める当該月分の育成料を納付しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、次のいずれかに該当するときは、育成料を2分の1の額とする。

(1) 母子及び父子並びに寡婦福祉法(昭和39年法律第129号)第6条第1項に規定する配偶者のない女子又は同条第2項に規定する配偶者のない男子で現に児童を扶養しているものの世帯で、かつ、当該年度分(4月から6月までは、前年度分)の市町村民税非課税世帯の児童

(2) 前号又は次号に該当する児童を除き、同一世帯で2人以上の児童が同時に利用する場合の2人目以降の児童

(3) 同一世帯で児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)を3人以上監護し、かつ、これらの児童と生計を同じくする場合で、当該児童のうちその出生の最も早い者から順次に数えて第3番目以降の児童

3 月の中途において利用の承認を受け、又は利用を休止し、若しくは利用の承認の取消し等を受けたときは、市長の定めるところにより、育成料を算定するものとする。

(育成料の免除)

第11条 市長は、生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯(単給世帯を含む。)及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)による支援給付を受けている者(単給者を含む。)の属する世帯の育成料を免除することができる。

(委任)

第12条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日条例第18号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年9月29日条例第38号)

この条例中(中略)第3条の規定は平成18年10月1日から(中略)施行する。

附 則(平成20年3月28日条例第9号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成20年9月30日条例第38号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 改正後の尾張旭市児童クラブ条例の規定は、平成20年4月分以後の育成料について適用し、同年3月分以前の育成料については、なお従前の例による。

附 則(平成21年3月30日条例第15号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月30日条例第9号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月19日条例第12号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成24年12月28日条例第44号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。ただし、第1条の改正は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年9月30日条例第28号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。

(1) 第10条第3項第1号(「母子及び寡婦福祉法」を「母子及び父子並びに寡婦福祉法」に改める部分に限る。)及び第11条の改正 平成26年10月1日

(2) 第4条の改正 子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)の施行の日

(適用区分)

2 改正後の尾張旭市児童クラブ条例の規定中育成料に関する部分は、平成27年4月分以後の育成料について適用し、同年3月分以前の育成料については、なお従前の例による。

附 則(平成28年7月6日条例第32号)

この条例は、平成28年10月1日から施行する。

附 則(平成28年9月29日条例第40号)

この条例は、平成29年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

名称

実施場所

旭丘児童クラブ

尾張旭市立旭丘小学校内

本地ヶ原児童クラブ

尾張旭市本地ヶ原児童館内

尾張旭市立本地原小学校内

瑞鳳児童クラブ

尾張旭市瑞鳳児童館内

渋川児童クラブ

尾張旭市渋川児童館内

白鳳児童クラブ

尾張旭市立白鳳小学校内

城山児童クラブ

尾張旭市立城山小学校内

三郷児童クラブ

尾張旭市立三郷小学校内

旭児童クラブ

尾張旭市立旭小学校内

東栄児童クラブ

尾張旭市立東栄小学校内

別表第2(第10条関係)

区分

育成料(月額)

午後6時まで利用する場合

午後7時まで利用する場合

8月以外の月

6,000円

7,000円

8月

9,000円

10,000円

尾張旭市児童クラブ条例

平成14年12月27日 条例第41号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8類 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成14年12月27日 条例第41号
平成18年3月31日 条例第18号
平成18年9月29日 条例第38号
平成20年3月28日 条例第9号
平成20年9月30日 条例第38号
平成21年3月30日 条例第15号
平成23年3月30日 条例第9号
平成24年3月19日 条例第12号
平成24年12月28日 条例第44号
平成26年9月30日 条例第28号
平成28年7月6日 条例第32号
平成28年9月29日 条例第40号