○尾張旭市遺児就学手当支給条例

昭和52年6月27日

条例第22号

(目的)

第1条 この条例は、母子家庭等の児童を養育している者に遺児就学手当(以下「手当」という。)を支給することにより、これらの児童の健全な育成を助長し、もつて母子等の福祉の増進を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、「児童」とは、義務教育就学中(6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから15歳に達した日の属する学年の終りまでの期間をいい、期間経過後も引き続き中学校又は特別支援学校の中学部に在学する場合にはその在学する間を含む。)の者をいう。

2 この条例にいう「婚姻」には、婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含むものとする。

(支給要件)

第3条 次の各号のいずれかに該当する児童の父若しくは母がその児童を監護するとき、又は父母がないか若しくは父母が監護しない場合において、当該児童の父母以外の者(以下「養育者」という。)がその児童を養育する(その児童と同居して、これを監護し、かつ、その生計を維持することをいう。以下同じ。)ときは、その父若しくは母又はその養育者に対し、手当を支給する。ただし、支給対象となる父若しくは母又はその養育者は、本市に引き続き1年以上住所を有し、かつ、前年分(1月から3月までは前々年分)の所得税が課税されていない者に限る。

(1) 父母が婚姻を解消した児童

(2) 父又は母が死亡した児童

(3) 父又は母の生死が引き続き1年以上明らかでない児童

(4) 父又は母が引き続き1年以上遺棄している児童

(5) 父又は母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童

(6) 母が婚姻によらないで懐胎した児童

(7) その他前各号に準ずる状態にある児童で市長が必要と認めるもの

2 前項の規定にかかわらず、児童が次の各号のいずれかに該当するときは、当該児童については、手当を支給しない。

(1) 本市に住所を有しないとき。

(2) 本市に住所を有して1年未満のとき。

(3) 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の4に規定する里親に委託されているとき。

(4) 児童福祉法第6条の3第8項に規定する小規模住居型児童養育事業を行う者に委託されているとき。

(支給額)

第4条 手当の額は、1人につき月額小学生2,500円、中学生3,750円とする。

(認定)

第5条 手当の支給要件に該当する者が手当の支給を受けようとするときは、その受給資格について、市長の認定を受けなければならない。

(支給方法)

第6条 手当は、認定の申請をした日の属する月から、支給すべき理由が消滅した日の属する月まで支給する。

2 手当は、3月、7月及び11月に、それぞれの月までの分を当該月の末日までに支給する。ただし、手当を支給すべき理由が消滅したときは、支給月でなくてもその月までの分を支給することができる。

(支給の制限)

第7条 手当の支給を受けている者が、当該児童の監護又は養育を著しく怠つている場合においては、その額の全部又は一部を支給しないことができる。

(不正利得の返還)

第8条 市長は、偽りその他不正の手段により手当の支給を受けていた者があるときは、その全部又は一部を返還させることができる。

(譲渡又は担保の禁止)

第9条 手当の支給を受ける権利は、譲渡し、又は担保に供してはならない。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し、必要な事項は規則で定める。

附 則

(施行)

1 この条例は、昭和52年7月1日から施行する。

(適用)

2 この条例施行の日、現に第3条の規定による支給要件を有する者(以下「有資格者」という。)で、この条例施行の日から15日を経過するまでの間に手当の申請をした者のうち、昭和52年6月、5月及び4月末日現在、現に有資格者であった者は、第6条の規定にかかわらずそれぞれの当月分から支給する。

附 則(平成2年3月30日条例第12号)

この条例は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月25日条例第12号)

この条例中第1条の規定は平成17年4月1日から、第2条の規定は公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月28日条例第9号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月30日条例第16号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月19日条例第14号)

1 この条例は、平成24年7月9日から施行する。

2 この条例の施行の際現に外国人登録原票に登録されている者については、その登録されていた期間を住民基本台帳に記録されていた期間とみなして、改正後の第3条第2項第2号の規定を適用する。

附 則(平成24年12月28日条例第45号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年3月30日条例第9号)

この条例は、平成29年4月1日から施行する。

尾張旭市遺児就学手当支給条例

昭和52年6月27日 条例第22号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8類 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和52年6月27日 条例第22号
平成2年3月30日 条例第12号
平成17年3月25日 条例第12号
平成19年3月28日 条例第9号
平成21年3月30日 条例第16号
平成24年3月19日 条例第14号
平成24年12月28日 条例第45号
平成29年3月30日 条例第9号