○尾張旭市老人ホーム入所判定委員会条例

平成19年3月28日

条例第2号

(設置)

第1条 老人福祉法(昭和38年法律第133号)第11条第1項に規定する措置の適正な実施を図るため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第138条の4第3項の規定に基づき、尾張旭市老人ホーム入所判定委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 委員会は、福祉事務所長の依頼に応じて次に掲げる事項について判定を行い、福祉事務所長に報告する。

(1) 老人ホームへの新規入所措置の要否に関すること。

(2) 老人ホーム入所者の入所継続の要否に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、福祉事務所長が必要と認めること。

(組織)

第3条 委員会は、委員5人以内をもって組織する。

2 委員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱する。

(1) 保健所長

(2) 医師

(3) 老人福祉施設の長

(4) その他市長が必要と認める者

(委員の任期)

第4条 委員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長)

第5条 委員会に委員長を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

3 委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、委員長があらかじめ指名する委員がその職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会の会議は、委員長が招集し、委員長がその議長となる。

2 委員会は、委員の過半数の出席がなければ、会議を開くことができない。

3 委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(秘密の保持)

第7条 委員は、職務上知ることができた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(会議の非公開)

第8条 委員会の会議は、非公開とする。

(庶務)

第9条 委員会の庶務は、健康福祉部長寿課において処理する。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が委員会に諮って定める。

附 則

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年12月21日条例第28号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

尾張旭市老人ホーム入所判定委員会条例

平成19年3月28日 条例第2号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第8類 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成19年3月28日 条例第2号
平成19年12月21日 条例第28号