○尾張旭市ペット霊園の新設等に係る計画の事前公開等に関する条例

平成18年9月29日

条例第35号

(目的)

第1条 この条例は、ペット霊園の新設等に係る計画の事前公開等に関し必要な事項を定めることにより、地域住民が被る公衆衛生上の不安を除去するとともに、良好な近隣関係を保持し、もって地域における健全な生活環境の保全を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) ペット霊園 犬、猫その他人に飼育されていた動物の死骸の火葬に要する焼却炉の設備を有する施設、当該死骸を埋葬し、又は焼骨を納骨するための設備を有する施設及びこれらの設備を併せ有する施設をいう。

(2) 新設等 ペット霊園を新たに建設し、既存の建築物をペット霊園にし、又は既存のペット霊園の施設若しくは設備を変更することをいう。ただし、規則で定める軽微な変更を除く。

(3) 事業者 事業の用に供するため又は継続的かつ反復的な利用に供するためペット霊園の新設等をしようとする者をいう。

(4) 地域住民 次の又はに掲げる者をいう。

 ペット霊園のうち焼却炉の設備を有する施設にあっては、その敷地からおおむね250メートル以内の土地の所有者又は当該土地にある建築物の所有者若しくは居住者

 ペット霊園のうち焼却炉の設備を有する施設以外の施設にあっては、その敷地からおおむね100メートル以内の土地の所有者又は当該土地にある建築物の所有者若しくは居住者

(事業者の責務)

第3条 事業者は、ペット霊園の新設等に当たっては、地域の生活環境に及ぼす影響に十分配慮するとともに、良好な近隣関係を損なわないよう努めなければならない。

(標識の設置等)

第4条 事業者は、ペット霊園の新設等をしようとするときは、規則で定めるところにより、当該敷地の見やすい場所に標識を設置しなければならない。

2 事業者は、前項の規定により標識を設置したときは、規則で定めるところにより、速やかにその旨を市長に届け出なければならない。

3 市長は、事業者が第1項の標識を設置しないときは、当該標識を設置するよう指導することができる。

(計画の説明等)

第5条 事業者は、ペット霊園の新設等をしようとするときは、規則で定めるところにより説明会を開催し、当該計画を地域住民に説明しなければならない。

2 事業者は、前項の規定により説明会を行ったときは、規則で定めるところにより、速やかにその内容を市長に報告しなければならない。

3 市長は、事業者が第1項の規定による説明をしないときは、当該計画の内容を説明するよう指導することができる。

(事前協議等)

第6条 事業者は、第4条第1項の標識を設置した日から規則で定める期間内に地域住民から事前協議の申出があったときは、ペット霊園の計画について、申出をした地域住民と協議しなければならない。

2 事業者は、前項の規定により協議を行ったときは、規則で定めるところにより、速やかにその内容を市長に報告しなければならない。

3 市長は、事業者が第1項の協議に応じないときは、事業者に対し当該計画について協議するよう指導することができる。

(事前協議の調整)

第7条 市長は、ペット霊園の新設等について、地域住民及び事業者の双方から申請があったときは、調整を行うことができる。

(公表)

第8条 市長は、第4条第3項第5条第3項又は第6条第3項の規定による指導に、事業者が正当な理由がなく応じないときは、その旨を公表することができる。

2 市長は、前項の規定により公表をしようとするときは、事前に勧告をするものとする。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成18年10月1日から施行する。

尾張旭市ペット霊園の新設等に係る計画の事前公開等に関する条例

平成18年9月29日 条例第35号

(平成18年10月1日施行)