○尾張旭市国民健康保険運営協議会規則

昭和34年7月1日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、尾張旭市国民健康保険条例(昭和34年条例第1号)第4条の規定に基づき、尾張旭市国民健康保険運営協議会(以下「協議会」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(所掌事務)

第2条 協議会は保険事業の運営の重要事項に関し市長の諮問に応じて審議し、又は建議する。

(委員の委嘱)

第3条 協議会の委員は、市長が委嘱する。

(組織)

第4条 協議会に会長のほか副会長1名を置き、公益を代表する委員より選出する。

第5条 協議会に書記を置き市長がこれを命ずる。

2 書記は会長の指揮を受け庶務に従事する。

(協議会)

第6条 協議会は会長が招集する。ただし、委員定数の3分の1以上の者から招集の請求があつた場合は協議会を開かねばならない。

第7条 協議会は委員の半数以上が出席しなければ、会議を開くことができない。

(議長)

第8条 協議会の議長は会長がこれに当たる。

(表決)

第9条 協議会の議事は出席委員の過半数で決する。可否同数の場合は議長が決する。

(利害関係者の出席)

第10条 会長は協議会に利害関係者の出席を求め、その意見を聞くことができる。

(資料の要求)

第11条 会長は職務遂行上必要な資料を市長に要求することができる。要求のあつた場合市長はこれに応じなければならない。

(報告)

第12条 協議会の審議状況はその都度市長に報告しなければならない。

(議事録)

第13条 協議会の議事については議事録を作成し、議長及び出席した委員のうちから議長の指名する委員2名が署名しなければならない。

附 則

この規則は、昭和34年7月21日より施行する。

附 則(昭和48年3月28日規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和60年6月14日規則第16号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年2月1日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年3月30日規則第13号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

尾張旭市国民健康保険運営協議会規則

昭和34年7月1日 規則第2号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第8類 生/第4章 国民健康保険
沿革情報
昭和34年7月1日 規則第2号
昭和48年3月28日 規則第4号
昭和60年6月14日 規則第16号
平成14年2月1日 規則第2号
平成30年3月30日 規則第13号