○尾張旭市ふれあい農園の管理運営に関する規則

平成6年3月30日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、尾張旭市ふれあい農園の設置及び管理に関する条例(平成5年条例第22号。以下「条例」という。)の規定に基づき、尾張旭市ふれあい農園(以下「ふれあい農園」という。)の管理運営について必要な事項を定めるものとする。

(使用の許可の申請)

第2条 ふれあい農園を使用しようとする者は、ふれあい農園使用許可申請書(以下「許可申請書」という。第1号様式)を市長に提出しなければならない。

2 条例第7条ただし書の規定により更新をしようとする者は、別に市長が定める日までに、許可申請書を市長に提出しなければならない。

(使用の許可)

第3条 市長は、ふれあい農園の使用を許可したときは、使用区画を指定し、ふれあい農園使用許可書(以下「許可書」という。第2号様式)を交付する。

(使用の許可の変更)

第4条 前条の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、許可された内容を変更しようとするときは、ふれあい農園使用許可変更申請書(第3号様式)に許可書を添えて市長に提出し、改めてその許可を受けなければならない。

(使用の取消し)

第5条 使用者は、使用の取消しをしようとするときは、ふれあい農園使用取消届(第4号様式)に許可書を添えて市長に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第6条 条例第12条ただし書の規定により次の各号のいずれかに該当するときは、納付された使用料を還付する。

(1) 条例第11条第1号に該当するとき。

(2) ふれあい農園が災害等不可抗力により使用できなくなったとき。

(3) 市長が特に必要があると認めたとき。

2 前項の規定により還付する使用料は、月割計算により算出した額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とする。

3 第1項に規定する使用料の還付を受けようとする者は、ふれあい農園使用料還付請求書(第5号様式)を市長に提出しなければならない。

(毀損等の届出)

第7条 使用者は、施設、器具等を毀損又は滅失したときは、直ちに市長に届け出て、指示を受けなければならない。

(栽培作物の制限)

第8条 栽培できる作物は、使用期間内に収穫できる野菜又は草花とする。

(禁止行為)

第9条 使用者は、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 建物及び工作物を設置すること。

(2) 営利を目的として使用すること。

(3) ふれあい農園の管理に支障を及ぼす行為をすること。

(委任)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成14年2月1日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成31年3月28日規則第12号)

この規則は、平成31年10月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

尾張旭市ふれあい農園の管理運営に関する規則

平成6年3月30日 規則第2号

(令和元年10月1日施行)