○尾張旭市企業職員の宿日直手当の支給に関する規程

昭和55年3月31日

水道事業管理規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、尾張旭市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和49年尾張旭市条例第4号)第15条の規定による宿日直手当の支給について必要な事項を定めるものとする。

(宿日直手当の支給)

第2条 宿日直勤務とは、尾張旭市職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成7年尾張旭市条例第2号)第9条に規定する日又は正規の勤務時間以外の時間において、本来の勤務に従事しないで行う配水場施設及び給水装置等の維持管理を目的とする勤務をいう。

2 宿日直手当の額は、宿日直勤務1回につき、次の表の宿日直勤務の区分欄に掲げる勤務の別に応じて、それぞれ支給額欄に定める額とする。ただし、その勤務時間が5時間以下の場合は、当該支給額の2分の1に相当する額とする。

宿日直勤務の区分

支給額

勤務の日

勤務の時間

1月4日から12月28日まで

午後5時15分から午前8時30分まで

6,300円

午前8時30分から午後5時15分まで

8,400円

12月29日から翌年1月3日まで

午後5時15分から午前8時30分まで

9,450円

午前8時30分から午後5時15分まで

12,600円

3 宿日直手当は、その月の分を翌月の給料の支給日に支給する。ただし、職員がその所属する給料の支払義務者を異にして移動し、又は離職若しくは死亡した場合には、その移動又は離職し若しくは死亡した日までの分をその際支給することができるものとする。

附 則

この規程は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年1月29日水管規程第1号)

この規程は、公布の日から施行し、改正後の尾張旭市企業職員の宿日直手当の支給に関する規程の規定は、昭和61年1月1日から適用する。

附 則(平成4年2月10日水管規程第1号)

この規程は、公布の日から施行し、改正後の尾張旭市企業職員の宿日直手当の支給に関する規程の規定は、平成4年1月1日から適用する。

附 則(平成4年12月24日水管規程第4号)

この規程は、平成5年1月1日から施行する。

附 則(平成5年3月22日水管規程第1号)

この規程は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成7年12月25日水管規程第4号)

この規程は、平成8年1月1日から施行する。

附 則(平成8年12月24日水管規程第2号)

この規程は、平成9年1月1日から施行する。

附 則(平成9年12月24日水管規程第3号)

この規程は、平成10年1月1日から施行する。

尾張旭市企業職員の宿日直手当の支給に関する規程

昭和55年3月31日 水道事業管理規程第1号

(平成10年1月1日施行)

体系情報
第11類 公営企業/第1章 水道事業
沿革情報
昭和55年3月31日 水道事業管理規程第1号
昭和61年1月29日 水道事業管理規程第1号
平成4年2月10日 水道事業管理規程第1号
平成4年12月24日 水道事業管理規程第4号
平成5年3月22日 水道事業管理規程第1号
平成7年12月25日 水道事業管理規程第4号
平成8年12月24日 水道事業管理規程第2号
平成9年12月24日 水道事業管理規程第3号