○尾張旭市消防団規則

昭和41年8月29日

規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第18条第2項及び第23条第2項の規定に基づき、消防団の組織及び階級、訓練、礼式、服制並びに尾張旭市消防団条例(昭和41年条例第12号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(消防組織)

第2条 条例第2条の規定に基づき設置した尾張旭市消防団は本部のほか区域を基準とした6個分団で構成する。

(本部の位置)

第3条 消防団の本部は、尾張旭市消防本部内に置く。

(分団の名称及び区域)

第4条 消防団の分団の名称及び区域は、別表第1のとおりとする。

(団員の配置)

第5条 消防団員(以下「団員」という。)の配員は別表第2のとおりとする。

(係の設置)

第6条 分団の業務を分掌させるため、分団に次の係を置くことができる。

(1) 庶務係

(2) 警防係

(3) 機械係

(事務分掌)

第7条 前条に規定する係の分掌する事務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 庶務係

 庶務に関すること。

 会計経理に関すること。

 他の係の連絡に関すること。

 他の係に属しないこと。

(2) 警防係

 災害の警戒並びに出動に関すること。

 消防水利に関すること。

 救難、救護に関すること。

(3) 機械係

 消防ポンプ及び付属機械の整備に関すること。

 消防機械器具の保全に関すること。

(階級及び職務)

第8条 団員の階級及び職務は別表第3のとおりとする。

(任期)

第9条 団長、副団長、分団長、副分団長、部長及び班長(以下「役員」という。)の任期は2年とする。ただし、役員に欠員を生じた場合の補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 役員は、再任されることができる。

(任免の辞令)

第10条 任命権者は、役員及び団員を任免するときは、様式第1号又は様式第2号の辞令によるものとする。

(宣誓)

第11条 新たに団員に任命された者は、直ちに様式第3号の宣誓書を提出しなければならない。

(災害出動の規制)

第12条 消防団は、消防長の承認を得ないで市の区域外の水火災その他の災害現場(相互応援協定地域を除く。)に出動してはならない。ただし、出動の際は、管轄区域内であると認められる場合であつて、現場に近づくに従つて管轄区域外と判明したときは、この限りでない。

(訓練礼式)

第13条 団員の訓練礼式については、消防訓練礼式の基準(昭和40年消防庁告示第1号)の例によるものとする。

(服制)

第14条 団員の服制については、消防団員服制基準(昭和25年国家公安委員会告示第1号)の例によるものとする。

(懲戒処分の手続)

第15条 任命権者は、条例第7条及び第8条に規定する団員の懲戒処分をしようとする場合は、その者にその理由となるべき事実を告げ、期日を定めて弁明の機会を与えなければならない。

(被服の貸与)

第16条 団員には別表第4に掲げる被服を貸与する。

2 貸与品は、これを大切に保管し、服務以外みだりにこれを使用し、又は他人に貸与してはならない。

3 故意に被服類をき損し、又は亡失したときは市長は弁償させることができる。

4 貸与品は退職又は死亡したときは、速やかにそれを返納しなければならない。

(設備資材)

第17条 消防団の設備、資材はおおむね別表第5に掲げるとおりとする。

(設備資材の保管)

第18条 消防団の設備資材は、団長が保管し、常に使用できる状態に置かなければならない。

2 機械器具及び保存を要する資材を使用したときは、格納前に手入れをしなければならない。

(設備、資材、被服等の報告)

第19条 設備、資材、被服その他の貸与品をき損し、又は亡失したときは、その理由を具して速やかに消防長に報告しなければならない。

(教養及び訓練)

第20条 団長は消防長の指示を受けて、次の教養及び訓練を随時に実施するものとする。

(1) 特別訓練

(2) 一般訓練

2 特別訓練は、幹部並びに初任者に対して必要な知識、技能を養うため教養、講習、見学及び現地訓練により行う。

3 一般訓練は、団員の消防に関する全般的な職務を習熟させるため実施する。

(観閲等)

第21条 団長は、消防長の指示を受けて、定期観閲及び随時観閲を行うものとし、定期観閲は毎年1回、随時観閲は必要に応じてこれを行う。

2 前項の観閲は2以上の消防団を連合して実施することができる。

3 観閲は次の各号に掲げる事項の全部又は一部について査閲し、併せて職務上必要な事項を指示するものとする。

(1) 人員、服装、姿勢及び動作の整否

(2) 規律、訓練の適否

(3) 機械、器具その他設備資材の整否

(4) 被服の手入れ、保存等の適否

(5) 簿冊の整備状況の適否

(6) その他消防団に関し必要な事項

(文書簿冊の整理)

第22条 消防団には、次の各号に掲げる簿冊を備え、常に整理して置かなければならない。

(1) 団員名簿

(2) 沿革誌

(3) 勤務日誌

(4) 設備資材台帳

(5) 区域内地水利図

(6) 貸与品台帳

(7) 諸通達綴

(8) その他必要な帳簿

(委任)

第23条 この規則の施行について必要な事項は、市長の承認を得て消防長が定める。

附 則

1 この規則は、昭和41年9月1日から施行する。

附 則(昭和52年3月30日規則第6号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和53年3月31日規則第14号)

この規則は、昭和53年10月1日から施行する。

附 則(昭和54年12月1日規則第18号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 昭和53年10月1日以後に任命された役員の任期については、改正前の尾張旭市消防団規則第9条の規定にかかわらず昭和55年3月31日までとする。

附 則(昭和55年3月31日規則第17号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和60年3月1日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年4月1日規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成7年3月31日規則第22号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成8年6月28日規則第17号)

この規則は、平成8年6月29日から施行する。

附 則(平成13年9月21日規則第22号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年2月1日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年11月27日規則第38号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年9月10日規則第24号)

この規則は、平成16年9月18日から施行する。

附 則(平成18年9月29日規則第42号)

この規則は、公布の日から施行し、第1条の規定による改正後の尾張旭市消防団規則の規定(中略)は、平成18年6月14日から適用する。

附 則(平成20年10月29日規則第41号)

この規則は、尾張旭印場特定土地区画整理事業の換地処分の公告のあった日の翌日から施行する。ただし、様式第2号の改正は、公布の日から施行する。

附 則(令和3年3月30日規則第8号)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の各規則の規定に基づいて作成されている申請書その他の用紙で、現に残存するものは、この規則の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

別表第1(第4条関係)

名称

区域

第一分団

旭台、柏井町、旭ケ丘町、大久手町、東栄町、根の鼻町、東大久手町、北原山町、南原山町、大字新居の一部

第二分団

霞ケ丘町、桜ケ丘町、白鳳町、印場元町、東印場町、渋川町、庄中町、東名西町、大塚町、東山町、西山町、庄南町、吉岡町

第三分団

北山町、西の野町、稲葉町、下井町、上の山町

第四分団

平子町、平子ケ丘町、城山町、旭前町、新居町、城前町、東大道町、西大道町、向町、大字新居の一部

第五分団

三郷町、東三郷町、狩宿町、狩宿新町、瀬戸川町、井田町

第六分団

長坂町、南新町、緑町、南栄町、晴丘町、東本地ケ原町、南本地ケ原町、北本地ケ原町

別表第2(第5条関係)

階級

名称

団長

副団長

分団長

副分団長

部長

班長

団員

本部

1

2






3

第一分団



1

1

1

4

14

21

第二分団



1

1

1

4

14

21

第三分団



1

1

1

4

14

21

第四分団



1

1

1

4

14

21

第五分団



1

1

1

4

14

21

第六分団



1

1

1

4

14

21

1

2

6

6

6

24

84

129

別表第3(第8条関係)

階級

職務内容

団長

消防団の事務を統轄し、団員を指揮監督する。

副団長

団長を補佐し、団長に事故があるとき、又は団長が欠けたときは、その職務を代理する。

分団長

団長の命を受け、当該分団の事務を掌理し、所属の団員を指揮監督する。

副分団長

分団長を補佐し、分団長に事故があるとき、又は分団長が欠けたときはその職務を代理する。

部長

上司の命を受け、当該部の事務を掌る。

班長

上司の命を受け、当該班の事務を掌る。

団員

上司の命を受け、消防事務に従事する。

別表第4(第16条関係)

品目

数量

貸与期間

適用

制服

1着

使用に堪えるまで

貸与被服の品目のうちで、必要の度合を検討し一部を貸与しないことがある。

制帽

1個

盛夏服

1着

盛夏帽

1個

盛夏シャツ

1枚

作業服

1着

ネクタイ

1本

アポロキャップ

1個

半天

1着

ベルト

2本

保安帽

1個

ゴム長靴

1足

安全靴

1足

雨着

1着

防寒服

1着

別表第5(第17条関係)

消防団設備資材表

1 機械器具置場

2 サイレン

3 消防水利施設

4 消防ポンプ及び車両並びに付属機械

5 消防団旗及び分団旗

6 通信施設

7 消防用破壊器具及び防災器具

8 照明灯

9 その他消防防災上必要と認めるもの

画像

画像

画像

尾張旭市消防団規則

昭和41年8月29日 規則第6号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第12類 消防・防災/第4章
沿革情報
昭和41年8月29日 規則第6号
昭和52年3月30日 規則第6号
昭和53年3月31日 規則第14号
昭和54年12月1日 規則第18号
昭和55年3月31日 規則第17号
昭和60年3月1日 規則第2号
平成3年4月1日 規則第14号
平成7年3月31日 規則第22号
平成8年6月28日 規則第17号
平成13年9月21日 規則第22号
平成14年2月1日 規則第2号
平成14年11月27日 規則第38号
平成16年9月10日 規則第24号
平成18年9月29日 規則第42号
平成20年10月29日 規則第41号
令和3年3月30日 規則第8号