○尾張東部衛生組合規約

昭和39年4月27日

愛知県知事許可

(名称)

第1条 この組合は、尾張東部衛生組合(以下「組合」という。)という。

(組織する市)

第2条 組合は、瀬戸市、尾張旭市及び長久手市(以下「組合市」という。)をもつて組織する。

(共同処理する事務)

第3条 組合は、次に掲げる事務を共同処理する。

(1) 廃棄物処理施設の建設及び維持管理並びにこれらに附帯する事務

(2) 北丘スポーツ公園の維持管理に関する事務

(事務所の位置)

第4条 組合の事務所は、尾張旭市晴丘町東33番地の1に置く。

(議会の組織)

第5条 組合の議会の議員(以下「組合議員」という。)の定数は、15人とし、その選出区分は、次のとおりとする。

(1) 瀬戸市 5人

(2) 尾張旭市 5人

(3) 長久手市 5人

(議員の選出)

第6条 組合議員は、組合市の議会においてその議会の議員のうちから選挙する。

2 前項の選挙が終わつたときは、組合市の長は、直ちにその結果を組合の管理者に通知しなければならない。

(議員の任期)

第7条 組合議員の任期は、その組合議員の属する組合市の議会の議員の任期とする。ただし、組合市の議会の議員の職を失つたときは、同時に組合議員の職を失う。

(補欠選挙)

第8条 組合議員に欠員を生じたときは、補欠選挙を行わなければならない。

2 前項の選挙については、第6条第2項の規定を準用する。

(執行機関の組織)

第9条 組合に管理者及び副管理者各1人を置く。

2 前項に定める者を除くほか、組合に会計管理者1人及び必要な職員を置く。

(執行機関の選任)

第10条 管理者は、瀬戸市長をもつて充てる。

2 副管理者は、管理者が組合の議会の同意を得て、組合市の副市長のうちから選任する。

3 副管理者の任期は、その者の属する組合市の副市長の任期によるものとする。ただし、組合市の副市長の職を失つたときは、同時に副管理者の職を失う。

4 前条第2項の会計管理者及び必要な職員は、管理者が任免する。

(監査委員)

第11条 組合に監査委員2人を置く。

2 監査委員は、管理者が組合の議会の同意を得て、組合議員のうちから1人及び人格が高潔で、財務管理その他行政運営に関し優れた識見を有する者(以下「識見を有する者」という。)のうちから1人を選任する。

3 監査委員の任期は、組合議員のうちから選任される者にあつては組合議員の任期とし、識見を有する者のうちから選任される者にあつては4年とする。ただし、後任者が選任されるまでの間は、その職務を行うことを妨げない。

(参与)

第12条 組合に参与2人を置く。

2 参与は、尾張旭市長及び長久手市長をもつて充てる。

3 参与は、管理者から組合の運営について相談を受けたときは、意見を述べることができる。

(経費の支弁の方法)

第13条 組合の経費は、補助金、寄附金その他の収入をもつて支弁し、なお不足があるときは、組合市が負担する。

2 前項に規定する負担の方法は、次に定めるところによる。

(1) 総額の100分の30は、前年度の10月1日現在における組合市の住民基本台帳に記録された人口によりあん分する。

(2) 総額の100分の70は、前々年度の組合市の廃棄物の総搬入量によりあん分する。

附 則

1 この規約は、愛知県知事の許可があつた日から施行する。

2 この規約により、はじめて組合管理者が選挙されるまでの間、瀬戸市長が、組合管理者の職務を行なうものとする。

3 廃棄物処理施設の建設に要する経費の負担は、第13条第2項の規定にかかわらず、総額の100分の25を均等割とし、100分の75を最近の国勢調査の結果による人口によりあん分する。

附 則(昭和46年2月23日許可)

この規約は、愛知県知事の許可があつた日から施行し、昭和45年12月1日から適用する。

附 則(昭和48年1月26日許可)

1 この規約は、愛知県知事の許可のあつた日から施行する。

2 改正後の瀬戸市尾張旭市衛生組合規約(以下「改正後の規約」という。)第13条第1項による組合の経費(廃棄物処理施設の建設に要する経費は、除く。)に係る愛知郡長久手町の負担については昭和49年度から、改正後の規約附則第3項の規定による廃棄物処理施設の建設に要する経費については昭和47年度から適用する。

3 この規約の施行前において廃棄物処理施設の建設に要した経費については、愛知郡長久手町においても負担するものとし、その負担の方法は、組合市町の長が協議して定めるものとする。

附 則(昭和50年4月24日許可)

この規約は、愛知県知事の許可のあつた日から施行し、昭和50年4月1日から適用する。

附 則(昭和54年9月1日許可)

この規約は、愛知県知事の許可のあつた日から施行する。

附 則(平成4年2月29日許可)

1 この規約は、愛知県知事の許可のあった日から施行する。

2 この規約の施行の際、現に改正前の尾張東部衛生組合規約第11条第2項の規定により、同項に規定する財務管理又は経営管理について専門の知識又は経験を有する者のうちから選任されている監査委員は、改正後の尾張東部衛生組合規約(以下「改正後の規約」という。)第11条第2項の規定により、同項に規定する識見を有する者のうちから選任された監査委員とみなし、その任期は、改正後の規約第11条第3項の規定にかかわらず、平成4年5月31日までとする。

3 改正後の規約第13条第2項の規定は、平成4年度分の経費の負担から適用し、平成3年度分の経費の負担については、なお従前の例による。

附 則(平成14年2月15日届出)

この規約は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成15年2月6日許可)

この規約は、愛知県知事の許可のあった日から施行し、平成15年4月1日から適用する。

附 則(平成19年2月23日許可)

(施行期日)

1 この規約は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規約の施行の際現に尾張東部衛生組合の助役である者は、この規約の施行の日に、この規約による改正後の尾張東部衛生組合規約第10条第2項の規定により副管理者として選任されたものとみなす。

3 この規約の施行の際現に在職する収入役は、その任期中に限り、なお従前の例により在職するものとし、この規約による改正前の尾張東部衛生組合規約(以下「旧規約」という。)第9条及び第10条の規定は、なおその効力を有する。この場合において、旧規約第9条第1項中「助役」とあるのは「副管理者」と、同条第2項中「吏員その他の職員」とあるのは「必要な職員」と、旧規約第10条第2項中「助役及び収入役は」とあるのは「副管理者及び収入役は」と、「組合市町の助役」とあるのは「組合市町の副市町長」と、同条第3項中「助役及び収入役の任期は」とあるのは「副管理者及び収入役の任期は」と、「組合市町の助役」とあるのは「組合市町の副市町長」と、「組合の助役」とあるのは「組合の副管理者」と、同条第4項中「吏員その他の職員」とあるのは「必要な職員」とする。

附 則(平成23年12月22日許可)

この規約は、平成24年1月4日から施行する。

附 則(平成24年4月9日届出)

(施行期日)

1 この規約は、平成24年7月9日から施行する。

(経過措置)

2 この規約による変更後の尾張東部衛生組合規約第13条の規定は、平成25年度以後の年度分の組合市の負担について適用し、平成24年度分までの組合市の負担については、なお従前の例による。

尾張東部衛生組合規約

昭和39年4月27日 県知事許可

(平成24年7月9日施行)

体系情報
第13類 則/第3章 一部事務組合
沿革情報
昭和39年4月27日 県知事許可
昭和46年2月23日 許可
昭和48年1月26日 許可
昭和50年4月24日 許可
昭和54年9月1日 許可
平成4年2月29日 許可
平成14年2月15日 届出
平成15年2月6日 許可
平成19年2月23日 許可
平成23年12月22日 許可
平成24年4月9日 届出