○尾張旭市自動車臨時運行許可取扱規則

昭和47年5月1日

規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は、道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「法」という。)及び道路運送車両法施行規則(昭和26年運輸省令第74号)に定めるもののほか、自動車の臨時運行の許可に関し必要な事項を定めるものとする。

(申請)

第2条 自動車の臨時運行の許可を受けようとする者は、自動車臨時運行許可申請書(第1号様式)を市長に提出しなければならない。

2 前項の申請書を提出する場合には、自動車検査証その他の自動車の同一性を確認できる書類及び自動車損害賠償責任保険証明書(自動車損害賠償責任共済証明書を含む。)を提示しなければならない。

(許可)

第3条 市長は、前条の申請書を審査し、臨時運行の必要を認めたときは、その許可の有効期間を定め、法第35条第4項の規定により臨時運行許可証(以下「許可証」という。)を交付し、かつ臨時運行許可番号標(以下「番号標」という。)を貸与するものとする。

(返納)

第4条 自動車の臨時運行の許可を受けた者は、許可証の有効期間が満了した日から5日以内に許可証及び番号標を市長に返納しなければならない。

(亡失その他)

第5条 許可証の交付及び番号標の貸与を受けた者は、その許可証又は番号標を著しく毀損したときは、速やかにそのてん末を記載した毀損届(第2号様式)を市長に提出しなければならない。

2 許可証の交付及び番号標の貸与を受けた者は、その許可証又は番号標を亡失したときは、直ちに警察署に遺失の届出をするとともに、速やかに市長にそのてん末を記載した亡失届(第3号様式)を提出しなければならない。

3 前2項の場合において、番号標にあつては相当の価格を弁償しなければならない。ただし、市長が特に認めたときは、これを免除することができる。

4 市長は、亡失届(番号標の亡失の場合に限る。)の提出があつたとき、又は番号標の貸与を受けた者が所在不明等のため番号標の回収が不能となつたときは、直ちにその番号標が失効した旨を公告しなければならない。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和47年5月1日から適用する。

附 則(平成14年1月18日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年3月31日規則第18号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年5月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現に改正前の尾張旭市自動車臨時運行許可取扱規則の規定に基づいて作成されている用紙は、改正後の尾張旭市自動車臨時運行許可取扱規則の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

附 則(令和元年12月2日規則第32号)

(施行期日)

1 この規則は、令和2年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の尾張旭市自動車臨時運行許可取扱規則第1号様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

画像

画像

画像

尾張旭市自動車臨時運行許可取扱規則

昭和47年5月1日 規則第5号

(令和2年1月1日施行)

体系情報
第13類 則/第5章 その他
沿革情報
昭和47年5月1日 規則第5号
平成14年1月18日 規則第1号
平成26年3月31日 規則第18号
令和元年12月2日 規則第32号