○尾張旭市学校給食センター設置条例施行規則

平成22年7月30日

教育委員会規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、尾張旭市学校給食センター設置条例(平成22年条例第13号。以下「条例」という。)の規定に基づき、条例の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(使用許可の申請)

第2条 条例第7条第1項の規定により使用の許可を受けようとする者は、学校給食センター使用許可申請書(第1号様式)を使用日の2月前の属する月の1日から使用日の2日前までに尾張旭市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。ただし、教育委員会が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

(使用の許可)

第3条 教育委員会は、前条の申請書を受理したときは、その使用目的及び内容を検討し、適当と認めるものには学校給食センター使用許可書(第2号様式)を交付する。

(運営委員会委員の定数及び任期)

第4条 条例第15条に規定する尾張旭市学校給食運営委員会(以下「運営委員会」という。)の委員は、次に掲げる者のうちから教育委員会が任命する。

(1) 学識経験を有する者

(2) 尾張旭市立小中学校PTA会長

(3) 尾張旭市立小中学校PTA副会長

(4) 市民から公募した者

(5) 尾張旭市立小中学校長

2 委員の定数は15名以内とし、任期は1年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 委員は、再任されることができる。

(委員長及び副委員長)

第5条 運営委員会には、委員の互選により委員長及び副委員長を置く。

2 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるとき、又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 運営委員会の会議は、委員長が招集し、委員長がその議長となる。

2 運営委員会は、委員の過半数の出席がなければ、会議を開くことができない。

3 運営委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

1 この規則(以下「新規則」という。)は、平成22年9月1日から施行する。ただし、第2条及び第3条の規定は、平成23年1月4日から施行する。

2 尾張旭市学校給食共同調理場設置条例施行規則(昭和54年教育委員会規則第5号。以下「旧規則」という。)は、廃止する。

3 新規則の施行の際現に旧規則第2条の規定により委嘱された尾張旭市学校給食共同調理場運営委員会の委員は、新規則第4条の規定により任命された運営委員会の委員とみなす。

画像

画像

尾張旭市学校給食センター設置条例施行規則

平成22年7月30日 教育委員会規則第2号

(平成23年1月4日施行)