○尾張旭市物品管理規則

平成25年3月29日

規則第3号

目次

第1章 総則(第1条―第3条)

第2章 物品の管理機関(第4条―第7条)

第3章 物品の管理(第8条―第20条)

第1節 通則(第8条―第10条)

第2節 取得(第11条―第13条)

第3節 保管及び使用(第14条―第17条)

第4節 処分(第18条―第20条)

第4章 雑則(第21条―第27条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規則は、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第173条の3の規定に基づき、法令その他別に定めがあるものを除くほか、物品の取得、保管、使用及び処分(以下「管理」という。)について、必要な事項を定めるものとする。

(物品の分類)

第2条 物品は、次に掲げる区分により整理しなければならない。

(1) 備品 その品質形状が変わることなく、比較的長期間、継続使用できるものをいう。

(2) 消耗品 前号以外のものであって、使用によってその品質形状が変質、消耗又は損傷しやすいもの及び贈与を目的とするものをいう。

2 前項第1号の備品の分類については、市長が別に定める。

(年度区分)

第3条 物品の出納は、会計年度をもって区分するものとする。

第2章 物品の管理機関

(物品出納員)

第4条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第171条に規定する出納員のうち、物品に関する出納員(以下「物品出納員」という。)は、総務部財政課長をもって充てる。

2 会計管理者は、物品出納員に物品の出納又は保管の事務を委任するものとする。

(物品管理者)

第5条 (課又はこれに相当する組織をいう。以下同じ。)にその他の会計職員として物品管理者を置き、当該課の長をもって充てる。

2 物品管理者は、課において使用する物品の管理責任を負うものとする。

3 物品出納員は、第4条第2項の規定により委任を受けた事務の一部を、物品管理者に委任することができる。

(物品取扱員)

第6条 課にその他の会計職員として物品取扱員を置く。

2 物品取扱員は、課の庶務担当係長(これに相当する職を含む。)をもって充てる。

3 物品出納員は、第4条第2項の規定により委任を受けた事務の一部を、物品取扱員に委任することができる。

(管理事務の総括)

第7条 物品出納員は、物品管理の適正を期するため物品の管理に関する制度を整え、その管理に関する事務を統一し、その管理について必要な調整を行うものとする。

2 物品出納員は、必要があると認めたときは、物品管理者に対し、その管理する物品についてその状況に関する報告を求め、又は実地調査を行わせることができる。

第3章 物品の管理

第1節 通則

(管理)

第8条 物品管理者は、物品をその属する区分の目的に従って、適正かつ効率的に管理しなければならない。

(備品ラベル)

第9条 物品取扱員は、備品に備品ラベルを付さなければならない。ただし、備品ラベルを付することが困難なもの又は付する必要がないと認められるものについては、この限りでない。

(所管換え)

第10条 物品管理者は、物品の運用上必要があると認めたときは、物品管理者間において協議し、その物品の所管換え(物品管理者間において物品の所属を移すことをいう。以下同じ。)をすることができる。

2 前項の規定により所管換えをしようとする物品管理者は、物品所管換伺書を作成し、受入側の物品管理者の合議のもと決裁を受けなければならない。この場合において、当該決裁は、物品取扱員に対する出納命令とみなす。

3 物品管理者は、物品の所管換えを行った場合には、物品所管換通知書により物品出納員に通知するものとする。

第2節 取得

(共同物品の購入)

第11条 課に共通して必要な物品でまとめて購入することが有利であり、かつ、規格、品質等を統一する必要があると認めるもの(以下「共同物品」という。)は次に掲げるとおりとする。

(1) 共同消耗品 物品出納員が支給する消耗品をいう。

(2) 単価契約物品 物品出納員があらかじめ単価契約する消耗品をいう。

(3) 共通単価燃料 物品出納員があらかじめ単価契約する燃料をいう。

2 共同消耗品は、物品出納員があらかじめ一括購入し、物品取扱員の求めに応じて、払出しをするものとする。

3 単価契約物品は、物品出納員がした単価契約に基づき物品管理者が直接購入するものとする。

4 共通単価燃料は、物品出納員がした単価契約に基づき物品管理者が直接購入するものとする。

5 共同物品の品目等については、会計管理者と協議の上、物品出納員が別に定める。

(物品の購入)

第12条 物品(共同物品を除く。)を購入するときは、あらかじめ物品管理者の承認を得なければならない。

(寄附受納による取得)

第13条 物品管理者は、物品を寄附受納の方法によって取得しようとするときは、物品受入伺書を作成し、決裁を受けなければならない。

第3節 保管及び使用

(保管の原則)

第14条 物品は、常に良好な状態で出納し、又は使用することができるよう、確実に保管しなければならない。

(保管責任)

第15条 物品を使用する職員は、使用中の物品について保管責任を負わなければならない。

(保管の委託)

第16条 物品管理者は、物品を市において保管することが不適当であると認めた場合又はその他特別な理由がある場合は、市以外の者に保管を委託することができる。

2 前項の規定により保管を委託するときは、物品出納員の承認を得なければならない。

(共同消耗品の支給及び返却)

第17条 物品取扱員は、共同消耗品の支給を受けようとするときは、物品出納員に依頼しなければならない。

2 物品取扱員は、前項の規定により支給を受けた共同消耗品で使用の必要がなくなったものがあるときは、物品出納員に返却しなければならない。ただし、物品出納員が返却の必要がないと認めた場合については、この限りでない。

第4節 処分

(不用決定)

第18条 物品管理者は、その所管に属する備品で使用の必要がなく、他の課で所管換えの希望のないもの又は損傷が著しく使用することができないものがあるときは、物品不用決定伺書により不用の決裁を受けなければならない。

(売却、譲与及び廃棄)

第19条 物品管理者は、前条の規定により不用の決定をした備品について、物品出納員と協議を行った上で、売却、譲与又は廃棄するものとする。

2 物品管理者は、売却の決定をした備品については、物品出納員に売却先選定事務を依頼することができる。

(貸付け)

第20条 物品は、貸付けを目的とするものを除き、貸し付けてはならない。ただし、市の事務又は事業に支障を及ぼさないと物品管理者が認めた物品については、この限りでない。

第4章 雑則

(亡失等の報告)

第21条 職員は、その保管中の物品又は使用中の備品を亡失し、又は損傷したときは、直ちに物品管理者に報告しなければならない。

(備品台帳)

第22条 物品取扱員は、備品台帳を備え、備品の受払いの都度、記帳しなければならない。

(物品の検査)

第23条 物品管理者は、毎年1回、使用中の物品及び備品台帳について検査をしなければならない。ただし、消耗品については、検査を省略することができる。

(重要な物品)

第24条 地方自治法施行令第166条第2項の財産に関する調書に記載する重要な物品は、自動車及び1品の取得価格又は取得時の評価額が50万円以上のものをいう。

(備品等の現在高報告)

第25条 物品管理者は、毎会計年度末現在における備品及び重要な物品の保管状況を調査し、主要備品報告書を作成し、翌年度の4月30日までに物品出納員に提出しなければならない。

2 物品出納員は、前項の規定により提出された報告書に基づき総括表を作成し、5月31日までに会計管理者に報告しなければならない。

(文書の様式)

第26条 この規則に定める文書の様式は、市長が別に定める。

(委任)

第27条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月25日規則第6号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月2日規則第2号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和3年3月30日規則第9号抄)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年4月1日から施行する。

尾張旭市物品管理規則

平成25年3月29日 規則第3号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第6類 務/第2章 契約・財産
沿革情報
平成25年3月29日 規則第3号
平成28年3月25日 規則第6号
令和2年3月2日 規則第2号
令和3年3月30日 規則第9号