○尾張旭市普通財産土地売払い(一般競争入札)実施要領

(趣旨)

第1条 尾張旭市普通財産土地売払い要綱に定める尾張旭市所有の普通財産である土地(以下「市有地」という。)の一般競争入札による売払い(以下「競争入札」という。)については、この要領の定めるところによる。

(入札参加資格)

第2条 競争入札に参加することができる者は、個人及び法人とする。ただし次の各号の一に該当する者は、競争入札に参加することができないものとする。

(1) 尾張旭市と市有地の競争入札による売払いに係る契約を締結する能力を有しない者(被補助人、被保佐人又は未成年者であって、契約締結のために必要な同意を得ているものを除く。)又は破産者で復権を得ない者

(2) 次に掲げる事実があった日から2年を経過していない者

 尾張旭市における競争入札又は定価売払いによる市有地の売払いにおいて競争入札を妨げ、又は不正な利益を得るために連合した者

 尾張旭市における競争入札又は定価売払いによる市有地の売払いにおいて落札し、又は抽せんで当選しながら正当な理由なく契約未締結又は売買代金未納の者(尾張旭市普通財産土地売払い(公募抽せん定価方式)実施要領(以下「公募抽せん実施要領」という。)第9条第5項の規定による繰上当選者を含む。)

 尾張旭市における競争入札又は定価売払いによる市有地の売払いにおいて契約を締結した後に、契約条項に違反し、又は契約を解除された者

 尾張旭市における定価売払いにおいて、当選者(公募抽せん実施要領第9条第5項の規定による繰上当選者を含む。)の資格を取り消された者

 尾張旭市における定価売払いにおいて、応募の受付期間経過後に正当な理由なく応募の辞退をした者

(3) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当する者

(4) 「尾張旭市が行う事務及び事業からの暴力団排除に関する合意書」に規定する排除措置対象法人等に該当する者

(5) 日本に永住資格のない外国人の者

(6) その他市長が不適格と認めた者

2 前項ただし書の規定に該当する者からの入札は、無効とする。

(連名による入札)

第3条 2名以上の連名(共有)による入札は、可能とする。

(案内書の作成)

第4条 競争入札による売払いの実施の都度、案内書を作成し、売払物件、予定価格、受付期間等の日程及び手続きの詳細等について定めるものとする。

(入札参加手続き)

第5条 競争入札による売払いに参加しようとする者は、次に掲げる書類を提出しなければならない。

(1) 一般競争入札参加申込書(以下「申込書」という。)

(2) 資格を証する書面

(3) 市税の滞納がないことを証する書面

(4) 第2条第1号に該当しない旨の誓約書(個人の場合に限る。)

(5) その他必要な書類

2 前項第2号の資格を証する書面は、次の各号に掲げるものとする。

(1) 個人の場合は、住民票の写し又は外国人登録原票記載事項証明書(発行後1か月以内のもの、2名以上の連名(共有)で参加の場合は、連名(共有)者全員のもの)

(2) 法人の場合は、法人登記簿謄本又は法人履歴事項全部証明書(発行後1か月以内のもの)

3 書類の提出方法は、持参とする。

4 提出された書類は一切返還しないものとする。

5 提出された書類は審査の上受け付けるものとし、受け付けした参加しようとする者(以下「参加者」という。)には入札保証金納付書、入札書、委任状、入札用封筒及び入札者心得書を交付する。

(入札保証金)

第6条 参加者は、入札金額の100分の5以上に相当する額を入札保証金として、別に定める期間内に納付するものとする。ただし、入札保証金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り上げるものとする。なお、入札保証金には利子を付さない。

(入札の方法)

第7条 参加者は、入札保証金納付証明書を持参の上、別に定める期間内に入札を行うものとする。

2 入札は、入札書に必要な事項を記入し、記名押印の上、封緘して提出するものとする。

3 前項の入札は、代理人をして、行わせることができる。この場合においては、当該代理人をして、入札前に委任状を提出させなければならない。

(開札会への出席)

第8条 開札会への出席は自由とするが、参加者及びその同伴者でなければ開札会場への入場はできないものとする。

2 参加者等が開札会場に入場できるのは、開札時刻までとする。

(開札の方法)

第9条 開札の方法は、開札会場で参加者等に説明するとともに、立会人が立会いの上公開で行うものとする。

(落札者の決定)

第10条 予定価格以上の最高の価格をもって入札した者を落札者とする。

2 落札者となる同価格の入札者が2以上あるときは、直ちにくじによって落札者を決定するものとする。

(契約予定者)

第11条 前条の規定による落札者を契約予定者とする。

(契約の締結)

第12条 契約予定者は、別に定める期間内に普通財産譲渡申請書を提出し売買契約を締結しなければならないものとする。

2 売買契約書に貼付する収入印紙は、契約予定者の負担とする。

3 契約予定者が、第1項の規定による期間内に普通財産譲渡申請書を提出しないとき又は売買契約を締結しないときは、契約予定者の資格を取り消すものとする。この場合、入札保証金は尾張旭市に帰属するものとする。

(売買代金の納付等)

第13条 契約予定者は、売買契約を締結した日から30日以内に、市の発行する納入通知書により売買代金の全額を納付しなければならない。

2 契約予定者は、売買契約書を締結すると同時に、売買代金の100分の10以上に相当する金額を契約保証金として納付しなければならない。なお、第6条により納付された入札保証金は、契約保証金に充当することができるものとする。

3 契約予定者が売買契約の締結と同時に売買代金を即納するときは、契約保証金を免除する。

4 契約保証金は、売買代金の一部に充当することができるものとする。

5 契約保証金には、利子を付さない。

6 契約締結の日から30日以内に残金が納付されないときは、契約を解除できるものとする。この場合、契約保証金は尾張旭市へ帰属するものとする。

(所有権の移転等)

第14条 売買代金全額の納付と同時に所有権が移転するものとし、同時に土地の引渡しがあったものとする。

2 土地は現状有姿での引渡しとする。なお、引渡し後はその隠れた瑕疵について担保責任は負わないものとする。

(所有権移転登記の手続き)

第15条 売買代金の全額納付後、尾張旭市において所有権移転登記の手続きを行う。

(用途の制限等)

第16条 売買契約を締結する場合には、次に掲げる契約上の特約を付し、かつ、これに違反した場合は売買代金の100分の30に相当する金額を違約金として徴するものとする。

(1) 契約締結の日から起算して5年を経過する日まで、売払物件を風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項に定める風俗営業及び同条第5項に定める性風俗関連特殊営業に類する業の用途に供することを禁止する。

(2) 契約締結の日から起算して5年を経過する日まで、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第1項第2号に定める暴力団及び警察当局から排除要請がある者がその活動のために利用するなど、公序良俗に反する用途に供することを禁止する。

(実地調査等)

第17条 前条に規定する売買契約に付す特約の履行状況を把握するため、市長は随時に実地調査し、又は買受者に対し所要の報告を求めるものとする。この場合、買受者は協力しなければならないものとする。

(先着順売払い)

第18条 受付期間内に参加申し込みが無い売払物件及び落札者のなかった売払物件については、先着順売払いすることができるものとする。

2 先着順売払いに関しては、第3条第12条から第17条までの規定を準用する。

(補足)

第19条 この要領に定めるもののほか必要な事項は、市長が定める。

附 則

この要領は、平成19年8月1日から施行する。

附 則 

この要領は、平成20年9月1日から施行する。

附 則 

この要領は、平成24年8月1日から施行する。

尾張旭市普通財産土地売払い(一般競争入札)実施要領

平成19年8月1日 要綱等

(平成24年8月1日施行)