○地域集会所運営方針

1 運営

地域集会所は、地域が隣保共同の意識のもとに、そのコミュニケーションの醸成を図るという目的で、設置されたものであることから、その運営については、地域の自主独立した考えの中で律するものであり、その運営基準等は、各地域によって定められている。

したがって、場合によっては、他の地域住民の利用を制限することも想定され、市が設置をしたものとはいえ、地方自治法244条の規定に基づく公の施設と明確に規定することは疑義が生ずるため、条例での位置付けは行っていない。

2 維持管理

上記運営の考え方により、維持管理についても、その地域の自主独立した考えの中でコミュニケーションの醸成を図るという観点から、地域が主体となるべきものであり、設置者たる市の関与は極めて限定的となる。

このため、建物の躯体の維持に支障が生じた場合などに行う修繕を除き、次に示すような維持管理に係る費用については、原則、地域において負担をする。

(1) 光熱水費等

電気、ガス、上下水道使用料、浄化槽の維持管理費などの費用

(2) 維持管理に必要な備品及び消耗品

机、イス、座布団、湯飲み、お茶、やかん、清掃道具、トイレットペーパーなどの費用

(3) 清掃費等

集会所内の清掃、除草、樹木剪定などに要する費用

(4) 小規模な修繕

蛍光灯器具取替え、ガラス修繕、ガスコンロ修繕などの小規模な修繕。

ただし、地域の事情により、修繕に係る費用負担が、過大となる場合については、地域の要望(別記様式)により、予算の範囲内で、市が施行する。

3 空気調和設備の設置補助

30万円を補助基準額として、その2分の1の額を、予算の範囲内で補助する。

4 物置の設置補助

1集会所につき1回に限り、30万円を補助基準額として、その2分の1の額を、予算の範囲内で補助する。

5 その他

宅地開発指導要綱で、開発事業等の計画戸数が100戸以上の場合は、敷地面積160m2以上、床面積80m2以上(50区画以上の共同住宅については、床面積60m2以上)の集会施設の設置を規定しており、必要により寄附を受け、市設置の地域集会所と同列の考え方により管理を行う。

画像

地域集会所運営方針

平成18年4月1日 要綱等

(平成31年4月1日施行)

体系情報
要綱・要領等/ 市民生活部/ 市民活動課
沿革情報
平成18年4月1日 要綱等
平成22年4月1日 要綱等
平成31年4月1日 要綱等