○尾張旭市環境パトロールボランティア登録要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、市内の自然環境の良いところやごみの散乱、飼い犬等のふん害などに関する情報の把握のために活動する尾張旭市環境パトロールボランティア(以下「環境パトロール」という。)を登録することについて、必要な事項を定めるものとする。

(登録の対象)

第2条 環境パトロールの登録を受けることができる市民等は、市内に住所を有する個人又は市内の事業所に勤務する個人で、市内の環境に関心があり、第6条の活動内容を無償で行う18歳以上の者とする。

(身分)

第3条 環境パトロールの身分は、無償のボランティアとする。

(登録)

第4条 環境パトロールの登録を受けようとする者は、環境パトロールボランティア登録申請書(第1号様式)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、環境パトロールに登録したときは、環境パトロールボランティア登録証(第2号様式。以下「登録証」という。)を申請者に交付する。

(登録の変更等)

第5条 登録証の交付を受けた者は、登録内容に変更があったときは、環境パトロールボランティア登録変更届出書(第3号様式)を市長に提出しなければならない。

2 登録証の交付を受けた者は、登録を辞退するときは、環境パトロールボランティア登録辞退届出書(第4号様式)を市長に提出しなければならない。

(活動内容)

第6条 環境パトロールは、次に掲げる事項に関する情報を把握した場合は速やかに環境パトロールボランティア活動報告書(第5号様式)又は口頭等の方法により市環境課に連絡するものとする。

(1) 自然環境の良いところに関する情報

(2) ごみの散乱・不法投棄・放置車両等に関する情報

(3) 飼い犬等のふん害に関する情報

(4) 屋外燃焼行為(野焼き等)に関する情報

(5) 日常生活等に伴って発生する悪臭・騒音等に関する情報

(6) 土地(空き地を含む)・建物等の管理状況に関する情報

(7) その他の環境に関する情報

(庶務)

第7条 環境パトロールボランティアに関する庶務は、市民生活部環境課において処理する。

(雑則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成20年12月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成28年1月22日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像画像

尾張旭市環境パトロールボランティア登録要綱

平成20年12月1日 要綱等

(平成28年1月22日施行)