○障害者自動車運転免許取得費助成事業実施要項

(趣旨)

第1条 この要項は、尾張旭市地域生活支援事業実施要綱第3条(平成18年10月1日施行)に規定する実施事業のうち障害者自動車運転免許取得費助成事業の円滑な実施について必要な事項を定める。

(目的)

第2条 この事業は、身体障害者が就労に伴い道路交通法(昭和35年法律第105号)第84条第3項に定める普通自動車免許(以下「免許」という。)の取得に要する経費の一部を支給することにより、身体障害者の社会活動への参加の促進を図ることを目的とする。

(対象者)

第3条 この事業の対象者は、身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条の規定による身体障害者手帳の交付を受けている者(視覚障害者を除く。)であって、次のいずれにも該当するものとする。

(1) 尾張旭市内に住所を有する者

(2) 就労・通院・通学等のため免許を取得しようとする者

(3) 道路交通法に規定する自動車教習所又は改造した普通自動車を備え、身体障害者を対象として運転免許取得の指導を行う教習所において、技能を取得し、免許を取得した者(限定解除の者を除く)

ただし、免許取得後、身体障害者となり臨時適性検査により免許の更新をしようとする者を除く。

(助成額)

第4条 助成額の交付は、1人1回限りとし、助成額は、免許を取得するために要した費用の3分の2以内の額(1,000円未満切り捨て)とする。ただし、その額が、10万円を超えるときは10万円とする。

(申請)

第5条 助成金の支給を受けようとする身体障害者は、次の書類を市長に免許取得後6か月以内に提出するものとする。

(1) 障害者自動車運転免許取得費助成申請書(第1号様式)

(2) 身体障害者手帳の写し

(3) 自動車運転免許証(以下「免許証」という。)の写し

(4) 免許取得に要した経費を明らかにしたもの

(助成の決定・却下)

第6条 市長は、前条の申請があった場合は、申請書の記載事項及びその他の事項について審査し、助成することを決定したときは、障害者自動車免許取得費助成決定通知書(第2号様式)により、助成しないことを決定したときは、障害者自動車免許取得費助成却下通知書(第3号様式)により、それぞれ申請者に通知するものとする。

(取得費の支給等)

第7条 前条の規定により助成金の支給決定を受けた者は、障害者自動車免許取得費助成請求書(第4号様式)により市長に請求するものとする。

(助成台帳の整備)

第8条 市長は、助成の状況を明らかにするため、自動車運転免許取得費助成簿(第5号様式)を整備するものとする。

(取得費の返還)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、既に交付した取得費の一部又は全部を返還させることができる。

(1) 申請書等に虚偽の事項を記載したとき。

(2) 取得費の支給に関し、不正の行為があったとき。

(委任)

第10条 この要項に定めるもののほか、必要な事項は市長が定める。

附 則

この要項は、平成21年1月1日から施行する。

附 則

この要項は、平成30年3月9日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

障害者自動車運転免許取得費助成事業実施要項

平成21年1月1日 要綱等

(平成30年3月9日施行)