○尾張旭市ひとり暮らし高齢者緊急連絡通報電話(あんしん電話)設置事業実施要綱

(目的)

第1条 この要綱は、ひとり暮らし高齢者が急病等の緊急事態の発生により、生命又は身体に危険が及ぶようなとき、これを他人に通報し、速やかに救助の手段を講じられるよう、ひとり暮らし高齢者が所有する電話機及び既に貸与している福祉電話に緊急通報電話(以下「あんしん電話」という。)を設置し、高齢者の生活の不安を解消し、もって福祉の増進を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 対象者は、市内に住所を有する満65歳以上の高齢者で次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 市が認定したひとり暮らし高齢者で普通電話を有するもの

(2) 福祉電話を貸与されているひとり暮らし高齢者

(3) その他市長が必要と認める者

(申請)

第3条 あんしん電話の設置を受けようとする者は、あんしん電話設置申請書(第1号様式)を市長に提出しなければならない。

(決定・却下の通知)

第4条 市長は、前条の規定により申請を受理したときは、速やかに実態を調査し、設置の可否を決定し、あんしん電話設置(決定・却下)通知書(第2号様式)により申請者に通知するものとする。

(経費の負担)

第5条 あんしん電話の設置に要する経費は、次のとおりとする。

(1) 市が負担するもの

あんしん電話設置又は撤去に伴う基本工事費

ペンダント設置費

あんしん電話及びペンダントのレンタル使用料

(2) 対象者が負担するもの

あんしん電話移転に伴う基本工事費

ダイヤル通話料

(緊急連絡先)

第6条 緊急の連絡先は、消防本部とする。

(使用上の責務)

第7条 設置を受けた者は、あんしん電話を十分な注意を持って維持管理しなければならない。

2 設置を受けた者は、あんしん電話を他目的に使用し、転貸し、又は担保に供してはならない。

(変更届出)

第8条 設置を受けた者は、第3条に規定する申請書に記載した事項に変更があった場合は、直ちにあんしん電話設置変更届出書(第3号様式)により、市長に届け出なければならない。

(撤去申請)

第9条 設置を受けた者が、あんしん電話を必要としなくなったときは、あんしん電話撤去申請書(第4号様式)を市長に提出しなければならない。

(設置の解除)

第10条 設置を受けた者が、次の各号のいずれかに該当したときは、市長は、設置の決定を取り消し(以下「解除」という。)、あんしん電話の返還を求めることができる。

(1) 設置対象の要件に該当しなくなったとき。

(2) 虚偽の申請により、あんしん電話の設置を受けたとき。

(3) 前条第1項に定める注意を怠ったとき又は同条第2項に違反したとき。

(4) その他市長が設置する必要がないと認めたとき。

2 市長は、あんしん電話の設置を解除する場合は、あんしん電話設置解除通知書(第5号様式)により、設置を受けた者に通知するものとする。

(雑則)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成元年4月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成4年10月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成17年1月1日から施行する。

附 則 

1 この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

2 尾張旭市ひとり暮らし老人緊急連絡通報電話(あんしん電話)使用料補助事業実施要綱(平成3年4月1日制定決裁)は、廃止する。

附 則

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成31年4月26日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

尾張旭市ひとり暮らし高齢者緊急連絡通報電話(あんしん電話)設置事業実施要綱

平成元年4月1日 要綱等

(平成31年4月26日施行)

体系情報
要綱・要領等/ 健康福祉部/ 長寿課
沿革情報
平成元年4月1日 要綱等
平成23年4月1日 要綱等
平成26年3月31日 要綱等
平成31年4月26日 要綱等