○尾張旭市病児・病後児保育事業実施要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、病気または病気の回復期である児童を一時預かる事業(以下「病児・病後児保育」という。)の実施について必要な事項を定めるものとする。

(対象)

第2条 病児・病後児保育の対象となる児童は、市内に居住する生後2か月から小学校3年生までの児童で病気または病気の回復期であることから、保育園等での集団生活が困難かつその保護者が勤務、疾病、入院、介護、冠婚葬祭等社会的にやむを得ない事由により家庭で育児を行うことが困難な児童であって、市長が認めるものとする。

(実施の主体)

第3条 病児・病後児保育の実施主体は、尾張旭市とする。

(実施の委託)

第4条 病児・病後児保育は、この要綱に定める基準を満たす市内の医療機関等を経営する者(以下「実施事業者」という。)に委託することができる。

(事業実施施設)

第5条 病児・病後児保育を実施する施設(以下「実施施設」という。)は、あらかじめ市長が指定した病院、診療所等に付設された施設または病児・病後児保育のための専用施設であって、市長が適当と認めたものとする。

2 実施施設の指定基準は、次に定めるところによる。

(1) 保育室の面積は、利用定員1人当たり1.98m2以上とし、かつ、1室当たり8.0m2以上とする。

(2) 観察室及び安静室は、児童の静養及び隔離の機能を持つ部屋であって、利用定員1人当たり1.65m2以上とする。

(3) 調理室を有すること。

(4) 病児・病後児保育の実施に必要な設備を有すること。

3 実施施設の利用児童の定員は、最大6名とする。

4 実施施設の職員配置は、児童6名に対して看護師等1名、児童3名に対して保育士1名を配置するものとする。

(事業内容)

第6条 病児・病後児保育の内容は、次のとおりとする。

(1) 一時預かりを必要とする児童を医師の指示または診断により受け入れること。

(2) 体温の管理等その健康状態を的確に把握し、児童の症状に応じて安静を保てるように処置すること。

(3) 他の児童への感染の予防に配慮すること。

(保育時間等)

第7条 保育時間は、月曜日から金曜日まで(祝日は除く。)の午前8時30分から午後5時まで及び土曜日(祝日は除く。)の午前8時30分から午後1時までとする。

(事前登録)

第8条 病児・病後児保育を利用しようとする保護者は、あらかじめ病児・病後児保育登録申請書(第1号様式)を市長に提出しなければならない。

(利用の申込及び承認)

第9条 前条の登録をした者が、病児・病後児保育を利用しようとするときは、実施事業者を経由し、市長に病児・病後児保育利用申込書(第2号様式)を提出しなければならない。

2 市長は、前項の申込書の提出があった場合は、実施事業者の医師の診察による保育の可否の意見を聴いて、承認又は不承認を決定するものとする。

(利用料)

第10条 利用料は、1日当たり2,000円とする。

(利用料の徴収)

第11条 市長は、病児・病後児保育利用の承認を受けた保護者から児童1名につき、前条に定める利用料を徴収する。

2 保護者は、利用日当日に利用料を納付しなければならない。

(その他必要事項)

第12条 この要綱に定めるもののほか、病児・病後児保育事業の実施について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成21年7月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

附 則 

1 この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

2 新要綱の規定による諸用紙は、当面の間、旧要綱の規定による諸用紙によることができる。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像画像

尾張旭市病児・病後児保育事業実施要綱

平成21年7月1日 要綱等

(平成28年4月1日施行)