○尾張旭市子育て応援ボランティア制度運営要領

1 趣旨

この要領は、子育てを地域で支える環境を整備していくため、尾張旭市(以下「市」という。)が行う子育て支援事業に理解と熱意を持ってボランティア活動を行う子育て応援ボランティアの制度運営について必要な事項を定めるものとする。

2 活動内容

子育て応援ボランティア(以下「ボランティア」という。)の活動内容は、次のとおりとする。

(1) 尾張旭市子育て支援センターが行う事業の支援に関すること。

(2) 市の主催する子育てに関する事業における保育等の業務の支援に関すること。

(3) 地域の子育て支援活動における業務の支援に関すること。

3 対象者

ボランティアの対象者は次のとおりとする。

(1) 子育てに関する経験等を有し、市内に在住、在勤、又は在学の前条に規定するボランティア活動を希望する者

(2) ボランティアとして尾張旭市子育て支援センター所長(以下「所長」という。)が特に認めた者

4 ボランティアの義務

ボランティアは、前記2に規定するボランティア活動を行うにあたり、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 尾張旭市子育てセンター職員と密接な協議のもとに公平かつ平等にボランティア活動にあたること。

(2) ボランティア活動中において知り得た個人の秘密に関する情報を漏らしてはならない。ボランティアの登録を抹消した後も同様とする。

(3) 政治・宗教及び営利に関する活動又は公共の利益に反し、若しくは反するおそれのある行為をしてはならない。

(4) ボランティア活動中は、市が作成した名札を着用しなければならない。

(5) 他のボランティアと協調して活動すること。

5 登録

前記2に規定するボランティアの活動を希望する者は、尾張旭市子育て応援ボランティア登録カード(別紙1)を所長に提出しなければならない。

(1) 所長は、登録カードの提出があった者をボランティアとして登録する。

(2) 登録の期間は、当該年度末までとする。ただし、登録を受けたボランティアより辞退の申出がなされない場合には、自動的に継続するものとする。

(3) ボランティアとして登録した者が、登録事項に変更が生じたときは、再度、登録カードを所長に提出しなければならない。

6 登録の抹消

所長は、登録を受けたボランティアが次のいずれかに該当する場合は、登録を抹消することができる。

(1) ボランティアが登録の辞退を申し出たとき。

(2) 前記4に定める義務を遵守できないと認められるとき。

(3) 登録カードに虚偽の記載があったとき。

(4) その他所長がボランティアとして相応しくないと判断したとき。

7 連絡会

所長は、必要に応じてボランティアの連絡会を開催し、活動状況等について意見交換を行うものとする。

8 報酬等

ボランティアの活動に対しての報酬、交通費等の支給はしない。

9 委任

この要領に定めるもののほか必要な事項は、所長が別に定める。

附 則

この要領は、平成21年4月1日から施行する。

画像

尾張旭市子育て応援ボランティア制度運営要領

平成21年4月1日 要綱等

(平成21年4月1日施行)

体系情報
要綱・要領等/ こども子育て部/ こども課
沿革情報
平成21年4月1日 要綱等