○尾張旭市発達支援サロン事業実施要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、発達の遅れ又はその疑いのある子どもとその保護者を支援するため、子どもの発達に関する相談や助言等を行う発達支援サロン事業(以下「事業」という。)の実施について必要な事項を定めるものとする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、尾張旭市とする。

(実施場所)

第3条 この事業は、原則、尾張旭市保健福祉センター内で実施するものとし、実施内容によっては変更することができる。

(利用者)

第4条 この事業を利用できる者は、市内に住所を有し、次のいずれかに該当するものとする。

(1) 乳幼児健康診査等で発達の状況に問題が認められた子どもとその保護者

(2) 子どもの成長や発達に不安のある保護者

(3) その他市長が必要と認める者

(事業の内容)

第5条 この事業は、発達の遅れ又はその疑いのある子どもとその保護者が共に参加し、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 子どもの発達に関する相談、助言及び情報提供に関すること。

(2) 子どもの発達状況の観察に関すること。

(3) 利用者間の交流を図ること。

(4) 関係機関の紹介又は連絡調整に関すること。

(5) 相談や助言等の記録の整備に関すること。

(6) その他市長が必要と認めること。

(関係機関の連携)

第6条 この事業の実施に当たっては、母子保健、児童福祉等の関係機関が連携を密にし、利用者への支援が円滑に行われるよう努めなけらばならない。

(守秘義務)

第7条 この事業に関わる職員は、この事業の利用者への対応には十分に配慮するとともに、業務の遂行上知り得た個人情報を外部に漏らしてはならない。また、職員でなくなった後も同様とする。

(庶務)

第8条 この事業の庶務は健康福祉部健康課及びこども子育て部こども課で処理する。

(委任)

第9条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則

この要綱等は、平成28年10月1日から施行する。

尾張旭市発達支援サロン事業実施要綱

平成23年4月1日 要綱等

(平成28年10月1日施行)

体系情報
要綱・要領等/ こども子育て部/ こども課
沿革情報
平成23年4月1日 要綱等
平成28年9月29日 要綱等