○尾張旭市国民健康保険短期保険証の交付に関する取扱要綱

(目的)

第1条 この要綱は、国民健康保険税(以下「保険税」という。)を滞納している者に対し、国民健康保険法第9条第10項の規定により、国民健康保険被保険者証(以下「保険証」という。)の交付に代えて、短期有効期間の保険証(以下「短期保険証」という。)を交付することにより、保険税を滞納する者との接触の機会を増やし、保険税の収納の向上を図ることを目的とする。

(交付対象者)

第2条 短期保険証の交付対象者は、保険証の更新の日の属する年度の前年度までに課税された保険税を滞納している者のうち次に掲げるいずれかに該当する者(以下「滞納者」という。)の世帯に属する国民健康保険被保険者とする。

(1) 20万円以上滞納している者

(2) 保険証の更新の日の属する年の7月末日以前2年間に保険税の納付がない者

(適用除外)

第3条 前条の規定にかかわらず、国民健康保険法施行令第1条に定める特別の事情に該当する滞納者については、短期保険証を交付しないものとする。

2 前項の規定に該当する滞納者は、特別の事情に関する届書(別記様式)を提出しなければならない。

(短期保険証の交付)

第4条 短期保険証の交付は、保険証更新の際に当該滞納者に対し短期保険証を交付する旨を通知し、保険証に変えて行う。

2 短期保険証の交付日は、3月、及び9月の1日とし、有効期間を6か月とする。

3 短期保険証の有効期間内に、記載事項の変更等による再交付を行う場合は、有効期間を再交付前の短期保険証と同じ期間とする。

4 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者が、新たに短期保険証の対象となる場合及び前項の規定による再交付を行う場合の短期保険証の有効期限は、次に掲げるとおりとする。

(1) 当該対象者の短期保険証の交付日が9月2日から3月1日までの場合 交付日以降最初に到来する8月末日

(2) 当該対象者の短期保険証の交付日が3月2日から9月1日までの場合 交付日以降最初に到来する2月末日

(保険証の交付)

第5条 短期保険証の交付を受けた者が、次の各号のいずれかに該当したときは、当該短期保険証と引き換えに保険証を交付する。

(1) 滞納している保険税を完納した場合。又は、滞納している保険税の早期完納が見込まれる場合。

(2) 納税相談及び納付指導に応じ、第4条第2項の交付日を起算日とし、起算日から6か月間以上毎月継続して保険税を納付し、滞納額が著しく減少することが見込まれるとき

(3) 第3条に該当したとき

(納付指導)

第6条 短期保険証を交付した滞納者に対しては、短期保険証交付期間中においても納付指導を行うものとする。

(雑則)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この要綱は、平成8年8月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成12年8月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成14年8月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成16年8月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成18年8月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

附 則 

1 この要綱は、平成22年7月1日から施行する。ただし、第2条第2号及び第4条第2項の改正規定については、平成22年9月1日から施行する。

(平成22年7月1日から平成22年8月31日までの経過措置)

2 平成22年7月1日から平成22年8月31日までの間に短期保険証の対象である者のうち、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者については、短期保険証の有効期限を平成23年2月28日までとする。

附 則

この要綱は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号)附則第1条第4号に掲げる規定の施行の日(平成28年1月1日)から施行する。

附 則

この要綱は、平成31年4月24日から施行する。

附 則

この要綱は、令和2年4月1日から施行する。

画像

尾張旭市国民健康保険短期保険証の交付に関する取扱要綱

平成8年8月1日 要綱等

(令和2年4月1日施行)

体系情報
要綱・要領等/ 健康福祉部/ 保険医療課
沿革情報
平成8年8月1日 要綱等
平成22年7月1日 要綱等
平成27年12月25日 要綱等
平成31年4月24日 要綱等
令和2年3月3日 要綱等