○尾張旭市公共施設アダプトプログラム実施要綱

(目的)

第1条 この要綱は、市が管理する道路、河川、水路等の公共施設(以下「公共施設」という。)の環境美化について、市民が公共施設の里親となってボランティアで美化活動を行うアダプトプログラムの実施に関し必要な事項を定めることにより、環境美化に対する市民意識の高揚を図るとともに、市民と市が協働して快適な生活を支えるまちづくりを推進することを目的とする。

(届出)

第2条 里親になろうとする者(団体の場合は、その代表者)は、自ら公共施設の里親として活動する範囲を定め、市長に里親届(第1号様式)を提出するものとする。

2 里親は、活動が困難になり、これを辞退する場合は、市長に里親辞退届(第2号様式)を提出するものとする。

(合意書の取り交し等)

第3条 市長は、前条第1項の届出があった場合において、その内容が適当であると認めるときは、速やかに届出者と合意書(第3号様式)を取り交わすものとする。

2 前項の規定により合意書を取り交わした者は、次の書類を市長に提出しなければならない。

(1) 年間活動報告書(第4号様式)

(2) 活動者の名簿

(里親の活動内容)

第4条 里親として行う活動の内容は、次に掲げるものとする。

(1) 空き缶、吸殻等の散乱ごみの収集

(2) 除草及び犬等のふんの処理

(3) 公共施設の破損等の情報提供

(4) その他環境美化に必要な活動

2 里親が収集した空き缶、吸い殻等の散乱ごみは、当該活動区域の属する収集日に集積所へ分別して搬出するものとする。ただし、これにより難い場合は、市長の指示する方法により搬出するものとする。

(市の支援内容)

第5条 市長は、里親が行う活動に対して、次に掲げる支援を行うものとする。

(1) 活動に必要な物品、用具等の支給又は貸与

(2) ボランティア保険等への加入

(3) アダプトサインの設置(里親が個人の場合を除く。)

(4) その他活動に必要な支援

(庶務)

第6条 アダプトプログラムに関する庶務は、都市整備部土木管理課において処理する。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定めるものとする。

附 則

この要綱は、平成18年7月7日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成19年10月23日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

尾張旭市公共施設アダプトプログラム実施要綱

平成18年7月7日 要綱等

(平成20年4月1日施行)

体系情報
要綱・要領等/ 都市整備部/ 土木管理課
沿革情報
平成18年7月7日 要綱等
平成20年4月1日 要綱等