○尾張旭市水道事業3・4階直結直圧給水実施要綱

(目的)

第1条 この要綱は、貯水槽を設置することなく尾張旭市(以下「市」という。)水道事業の施設した配水管の水圧を有効利用することにより、中高層建築物への直結給水を図るため、3階又は4階建て建築物への直結直圧給水(以下「3・4階直結直圧給水」という。)を実施する場合の取扱いを定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 配水管 公道下に縦断して布設した管をいう。

(2) 給水管 需要者への給水を目的として、配水管から分岐して布設する管をいう。

(3) 申請者 当該地に3・4階直結直圧給水を行おうとする者であり、かつ、給水装置工事の承認申込者をいう。

(協議及び回答)

第3条 申請者は、事前に3・4階直結直圧給水の可否を協議し、尾張旭市水道事業尾張旭市長(以下「市長」という。)の審査を受けなければならない。

2 申請者は設計着手前に本要綱に定める事項に対する事前調査を十分に行う。また、申請地における配水管の口径、設計水圧等の設計資料について、市水道事業から提示を受けるものとする。

3 申請者は、第1項の規定による協議をする場合において、直結直圧給水協議書(第1号様式。以下「直結給水協議書」という。)に直結直圧給水協議調書、位置図、水理計算書等の資料を添付し、2部提出すること。

4 市長は、提出された直結給水協議書を本要綱に基づき照査し、直結直圧給水の可否を直結直圧給水回答書(第2号様式)により申請者に回答するものとする。

5 既設給水設備を改造して受水槽を撤去し、直結直圧給水方式に切り替える場合(以下「直結直圧給水切替」という。)は、第3項に規定する必要書類に加え、既設給水設備調査報告書(第3号様式)及び直結直圧給水切替確認書(第4号様式)を2部提出すること。

(実施条件)

第4条 配水管圧力により対象建築物へ直結直圧給水するための条件は、次のとおりとする。

(1) 対象建物

原則として、4階建てまでの建築物を対象とする。ただし、建築物の階数が4階を超える場合でも、5階以上に直結直圧給水をしない時は、対象とすることができる。なお、建築物の種別については次のとおりとする。

 一戸建て専用住宅

 一戸建て小規模店舗付き住宅

 集合住宅

 事務所ビル、倉庫等

 の複合ビル

 その他、市長が認めたもの

(2) 給水高さ

最高位の給水栓の高さが道路GLから12.0メートル以下とする。

(3) 給水管口径

給水管の口径は、原則として配水管の口径より2口径以上小さいものとする。

(4) 水道メーター口径

水道メーター口径は20ミリメートル以上75ミリメートル以下とする。

(5) その他

口径が50ミリメートル以上の給水管を分岐する場合は、必要に応じて配水管の分岐部近くに制水弁を設置する等、将来の配水管工事等に伴う断水の影響を軽減する措置を講じること。

(給水装置の構造)

第5条 3・4階直結直圧給水の給水装置の構造について、次のとおり定めるものとする。

(1) 給水装置の配管形態

 一建物につき、一給水引き込みを原則とする。

 同一用途の建物においては、原則として貯水槽給水方式との併用は認めない。

 給水管の分岐方法は原則として不断水工法とする。

 支管分岐による配管形態は、原則として認めない。

 集合住宅、事務所ビル等の配管では、立ち上がり管の最上部に必ず吸排気弁を設置しなければならない。また、1階部分に共用水栓を設けること。

 その他、市長と協議し認められたもの

(2) 給水装置用材料

直結直圧給水の場合、圧力損失が大きくなるため、給水器具や材料の選定、給水管口径の決定には圧力損失に十分配慮すること。

(3) 逆流防止装置

 逆流の防止及び水道メーター等の維持管理を容易にするため、市水道事業の水道メーターの直近下流にリフト式逆止弁を設置すること。

 建物内の使用者ごとに、副栓付伸縮止水栓を設置すること。

(給水装置の設計)

第6条 3・4階直結直圧給水の給水装置の設計については、次のとおり定めるものとする。

(1) 設計水圧

設計水圧は対象物件における水理計算の基礎的数値であり、市水道事業が所有する水圧分布図において、対象物件から近接する3箇所の測定地点を選び、そのうちの最低値より0.049メガパスカルを減じて得た値とする。

(2) 設計水量及び給水管口径

 設計水量は、計画瞬時最大水量とする。この際使用形態等を考慮しながら実態に応じた水量算定を行うものとする。

 給水管は、計画瞬時最大水量時において、管内流速が毎秒2メートルを超えない口径とする。

(3) 水理計算

実施条件等に合致した対象物件の直結直圧給水の可否は、水理計算に基づき決定する。

 給水管の損失水頭の計算においては、口径50ミリメートル以下はウエストン公式、口径75ミリメートル以上はヘーゼン・ウイリアムス公式によるものとする。

 総損失水頭、高低差及び器具必要残圧の和を設計水圧と比較する。

 申請者は、給水管の損失水頭の計算上不明な点がある場合、市長と協議し、必要に応じて給水管の口径や利用形態等、調整を図ること。

(直結直圧給水切替の実施条件)

第7条 直結直圧給水切替を施工するための条件は、第4条から第6条に規定されるもののほか、市長が別に定める。

(竣工検査)

第8条 3・4階直結直圧給水を実施した給水装置は、「給水装置工事検査基準」に基づき、3・4階直結直圧給水に対する検査を実施する。

2 前項の検査の結果、不合格となった場合は協議内容のとおりに改善し、合格の判定をするまで給水開始は保留する。

附 則

この要綱は、平成11年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成26年9月1日から施行する。

画像画像画像

画像

画像

画像

尾張旭市水道事業3・4階直結直圧給水実施要綱

平成11年4月1日 要綱等

(平成26年9月1日施行)